電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2020年02月13日

「ダブルクレンジングゲルが泡立ちません」

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

先日、ウキウキメイトさんからこんな質問をいただきました。

「ダブルクレンジングゲルが泡立ちません!どうすればいいですか?」

これは大問題です。

あなたは、どう思われましたか?

「ダブルクレンジングゲルが泡立たない!」とお困りの方へ
まず、お詫び申し上げます。

申し訳ありません!

説明が不十分でした。

ダブルクレンジングゲルは、『泡立たない』洗顔料です。

『メイク落とし』の場合
チューブからゲルを出し、そのまま顔に広げてください。

『洗顔』の場合
顔に広げる前に、手の平で、ゲルに同量の水を混ぜてご使用ください。

このときも、泡は立ちません。

『柔らかくする』というイメージで、ゲルと水を混ぜてください。

泡立てるための成分を一切配合していません
ダブルクレンジングゲルに水を混ぜて指で混ぜていると、気泡ができることがあります。

洗浄成分の性質として、多少、小さな泡ができることがあります。

でも、泡立てるための成分は一切配合していません。

そのため、一般的な洗顔料のようにモコモコの泡はできません。

そして、ここからが重要なことです↓↓

むりに泡立ててしまうと、肌に負担がかかります
ダブルクレンジングゲルはあえて『泡立たない』ようにつくりました。

もし、むりやり泡立ててしまうと、せっかくのダブルクレンジングゲルのメリットを生かせず、肌に負担を与える恐れがあります。

どういうことか、詳しくご説明しますね。

洗顔料には、必ず『クッション』の役割が必要です。

手と顔の間で起こる摩擦を抑えないと、肌に負担がかかるからです。

一般的な洗顔料の場合
クッションの役割=『泡』

ダブルクレンジングゲルの場合
クッションの役割=『ゲル』という独特の形状

これはぜひ、ダブルクレンジングゲルを手に取って、実感してみてください。

ダブルクレンジングゲルのゲルは、泡よりも弾力があり、かつ、ヌルヌル感が強いです。

  • 弾力
  • ヌルヌルしている

この2つによって、ダブルクレンジングゲルは、『メイク落とし』や『洗顔』時に肌が受ける刺激・摩擦を防いでいるのです♪

反対に、無理に泡立てて使用してしまうと、『クッション』の役割を果たせなくなってしまうのです。

ですから、ダブルクレンジングゲルは泡立てずにご使用くださいね。

泡立てなくて、汚れはきちんと落とせます
「泡を立てなくて、汚れはちゃんと落ちるの?」というご質問をいただくこともあります。

答えは、「落ちます」。

ご安心ください^^

先ほど、洗顔料の泡の役割は『クッション』だとお話しました。

つまり、『汚れを落とす力』とは関係がないのです。

顔の皮脂汚れやメイク料を落とすのは、洗顔料に配合された洗浄成分です。

よく、「細かく泡立てると毛穴の奥の汚れまで取れる」という宣伝文句がありますが、あれはイメージです。

例えば、食器用の洗剤は、泡を立てても立てなくても、油汚れを落としますよね。

あれと同じです。

汚れを落とすために必要なことは、洗浄成分が汚れにきちんと触れることです。

ダブルクレンジングゲルの場合は、この点でも、ゲルの形状が活躍します。

肌になじみやすいゲルがしっかり汚れを包み込みますので、メイクや皮脂汚れをしっかり落とします。

まとめると・・・

  • ダブルクレンジングゲルは泡立てずに使う!
  • 泡立てないことで、肌への負担が和らぐ
  • 泡立てなくても、汚れはしっかり落ちる

もし、ダブルクレンジングゲルを泡立てて使用されていれば、ぜひ今日から、メイク落としも洗顔も泡立てずにご使用ください。

また、もし、固形石けんなどの泡立てるタイプの洗顔料を使っていて、現在、

  • 洗顔後の肌が赤くなる
  • 洗顔後、肌がツッパル
  • ニキビや吹き出物がなくならない
  • 乾燥肌・敏感肌で悩んでいる

こういう場合は、ダブルクレンジングゲルをお試しください。

肌への負担を軽減することで、肌トラブルの改善が期待できます!

最新の記事

閉じる