電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2020年01月09日

「できるだけ触らない作戦」のススメ

あけましておめでとうございます。

アースケアの下田梨絵です。

今年も、ウキウキメールマガジンでは、健康でキレイな肌になるための情報をお届けします。

ぜひ、スキンケアにお役立てください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回ぜひお伝えしたいこと。

それは、『肌にはできるだけ触らないほうがいい』ということです。

乾燥肌・敏感肌の人にとっては、これがと~っても大切です。

実は、私自身、この数年で、その重要さを再確認しました。

というのも、実は、数年前から『赤ら顔』の症状が出始めたからです。

『肌にふれる』のは、想像以上に『刺激』でした
赤ら顔といっても原因はさまざまです。

私の場合は、ホルモンバランスや体調が原因で、日によって顔が赤くなってしまう症状です。

そのせいで、症状がひどい時期には、とにかく肌に触れるだけで顔が赤くなるようになったのです。

こういう状態、敏感肌の方なら多いと思います。

また、赤みがなかったとしても、「触るだけでヒリヒリする」というお悩みもよく伺います。

私の場合、「赤くしたくない」と思うと、肌に触れるのをやめるしかありません。

でも、そうなると、洗顔もできないし、アクアテクトゲルも塗れません。

そこで、「絶対に触れない」から「できる限り触れない」に作戦を変更しました。

『できる限り触れない』お手入れとは?
具体的には・・・

アクアテクトゲルを塗るとき
これまでは、指先にとって、少しずつ顔に伸ばしていました。

これを、「まず手の平全体に伸ばして、その手で顔全体をそっと覆う」に変えました。

顔に触る回数がぐっと減ります。

朝の洗顔をするとき
ダブルクレンジングゲルに混ぜる水の量を少し増やしました。

洗浄力がさらにマイルドになるうえ、これまで以上に洗い流しやすくなるので、すすぎの回数が減ります。

メイク落としをするとき
顔全体に広げてから、しばらく顔に触れずに、まずなじませるようにしました。

ダブルクレンジングゲルがメイク料になじんでから触ると、落としやすくなります。

そのため、マッサージをする回数を減らすことができます。

そのほかにも
「肌に触れないように」と思いながらスキンケアをすることで、手の力が抜け、これまで以上にやさしく肌に触れるようになりました。

その結果、肌が敏感な時期にも、赤みがやわらぐようになりました。

私たちは、想像以上に顔に「触っている」
この作戦実行で、私が驚いたことは、「お手入れ方法を変えたことで肌の調子が上向きになってきた」ということではありません。(もちろん、これも大事なのですが)

それよりも、「思った以上に触っていた」という事実です。

もちろん、これまでのお手入れでも、摩擦を起こさないようにかなり気を付けていました。

以前の健康な肌状態なら、それで十分だったと思います。

しかし、特に敏感になった肌状態を基準に考えると、まだまだ刺激を抑えられる余地があったのです。

これは、敏感肌(赤ら顔)になったことで得られた、大きな発見でした。

もし、私と同じように、

  • 触るだけで赤くなる

とか、

  • 少し触れるだけでヒリヒリする

など、肌がかなり過敏になっているなら、お手入れを行う際に、「できるだけ触らないぞ」と意識してみてください。

この意識が頭の隅にあるだけで、今までのお手入れの改善点が見つかると思います。

今晩のスキンケアから、ぜひ試してみてください。

最新の記事

閉じる