電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2019年11月28日

「肌の奥まで届くのがいい」は本当?

こんにちは。

アースケアの下田梨絵です。

ときどき、こんなご質問をいただきます。

「アクアテクトゲルはちゃんと肌の奥まで浸透しますか?」

ご質問いただいた方に詳しくお話を伺うと、次の2つのどちらかに分かれます。

  • 『肌の奥』が具体的にどの部分までかはよく分からないけど、『肌の奥』まで届いたほうが良いと思う
  • 『肌の奥』とは、表皮のさらに奥にある『真皮』部分。ここまでしっかり化粧品を届けたい!

もし、あなたもこのどちらかに「そうよね~」と思われる場合には、ちょっと注意が必要です。

『肌の奥』という考え方には、化粧品に関してよくある【誤解】が関係しているからです。

ぜひ本日のウキメルをお読みください。

肌の構造をおさらい
肌は、表面から順番に、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

という3つの層に分かれています。

さらに、一番表面の【表皮】は、

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有きょく層
  • 基底層

という4つに分かれています。

今日から始めよう!花粉から肌を守るためのスキンケア
ちなみに、肌のバリア機能があり、保湿成分として有名なセラミドが存在するのは表皮の中の【角質層】です。

肌の弾力やハリ・たるみに深く関わっているコラーゲン線維やエラスチン線維・ヒアルロン酸などが存在するのは、【真皮】です。

では、問題です。

問題
化粧品はどこまで届くのでしょうか?

  1. 角質層
  2. 表皮
  3. 真皮

答えは・・・

【角質層】

です。

肌の表面にある【表皮】の、さらに一番表面にある、わずか0.02mmの【角質層】にのみ、化粧品は作用します。

それよりも下の層には届きません。

『肌の奥』ってどこ?
【角質層】より下の層に化粧品を届かせることは、肌と体の構造上、不可能です。

これは、化粧品の作用や効果以前の問題で、角質層には、体内に異物を侵入させないためのバリア機能があるからです。

これがないと大変です。

例えば、お風呂に入りますよね。

たっぷりの湯船に浸かります。

もし、角質層のバリア機能が働いていなかったら・・・

湯船の水分がどんどん体の中に入っていってしまいます。

正直、そのとき体がどうなってしまうのかよく分かりませんが、とにかく、大変なことになるのは想像できますよね。

化粧品も、肌にとっては異物です。

お風呂のお湯と変わりません。

ですから、角質層よりも奥に化粧品が入っていくということはないのです。

化粧品の広告でよく見る『肌の奥まで』という文句を、よ~く見てみてください。

必ず『※』印がついていて、小さな文字でこう書いてあります。

『※肌の奥とは、角質層(角層)のことです』。

つまり、化粧品の役割は、【角質層】を保湿すること。

そして、これが、肌をキレイにするために必要なことです。

余談:コラーゲン配合化粧品で肌のコラーゲンは増えない
ハリやたるみを解消するために「コラーゲン線維を増やす」と宣伝している化粧品や、『コラーゲン配合』を売りにしている化粧品がたくさんあります。

もちろん、これらの化粧品も、届くのは『角質層』までです。

本来コラーゲン線維が存在している真皮には届きません。

とはいえ、角質層で保湿剤としての役割は果たしますので、メーカー側が言う『肌の奥(=角質層)』でしっかりと働いてくれます。

コラーゲン配合の化粧品は、真皮のコラーゲン線維を増やすのではなく、『角質層を保湿する』というスタンスで活用するのが正解なんですね。

同じように、『肌に栄養を与える美容液』という商品もありますが、これも同じく、肌の表面に『保湿成分』として作用するのみです。

体が食事から栄養を摂るように、美容液を塗ると肌に栄養が与えられ、元気になる、ということはありませんのでご注意くださいね。

では、本題に戻りましょう。

アクアテクトゲルは【角質層】をしっかりうるおします
「アクアテクトゲルは『肌の奥』まで届きますか?」というご質問の意味が、「【真皮】にまで届きますか?」という意味なら、ノーです。

アクアテクトゲルが、真皮に到達することはありません。

体の構造上、難しいことですし、もし可能だとしても、肌のためにも体のためにも危険なことだからです。

そして、「【角質層】まで届きますか?」「ちゃんと化粧品の役割を果たしますか?」という意味なら、もちろん、答えはイエスです。

アクアテクトゲルは、角質層にきちんと浸透してうるおします。

つまり、化粧品で行うスキンケアの役割をしっかり果たします。

どうぞ安心してお手入れを続けてください。

まとめ
「肌の奥まで届く」。

なんだかすごく肌がキレイになりそうで、魅力があります。

でも、そのイメージに惑わされると、本来、不可能で意味のない効果を化粧品に期待してしまいます。

その間違った期待を基準に化粧品を選び、そのために、永遠に化粧品を探している・・・
という化粧品ジプシーの方にも、これまで何度もお会いしてきました。

肌や化粧品に関する正しい知識を持っていれば、このような悲しい事態は防げます。

本日のウキメル、化粧品の豆知識として、ぜひ覚えておいていただいて、安心してアクアテクトゲルの保湿ケアを続けてくださいね。

最新の記事

閉じる