電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2019年09月18日

アクアテクトゲルは、若い人向きのスキンケアなのでしょうか?

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

今回も、ウキウキメイトさんからのご質問にお答えしていきます。

ときどき、こんなご質問をいただきます。

【質問】

アクアテクトゲルでのスキンケアは、「うるおいを感じるまで塗ることが大切」ということで、一生懸命塗っていますが、なかなかうるおいを感じられません。

アクアテクトゲルは、若い人向きのスキンケアなのでしょうか?

 
この方は、40代のウキウキメイトさんでした。

このような疑問を持たれるということは、きちんとお手入れをしているのに肌に変化が見られず、「自分にはあっていないのではないかな?」と感じられたのではないかと思います。

そして、そのあわない理由のひとつとして、

「年齢に化粧品があっていない」

と思われたのではないかな、と推測しました。

あなたも、このように感じられたことはありませんか?

赤ちゃんから、80代以上の方まで
もし、そうだとしたら、ご安心ください^^

アクアテクトゲルは、
保湿に特化した基礎化粧品です。

そして、保湿とは、【人間の肌を健やかにするために必要なケア】です。

つまり、『年齢』はもちろん、『性別』も『肌質』も関係なく、

「健やかな肌を作りたい」と思う全ての人のためのスキンケア

だと言えます。

実際、ウキウキメイトの年齢層は、本当に幅広いです!

新生児のころから、体全身のスキンケアにご使用いただくことはよくありますし、思春期のお子様の乾燥肌やニキビケアにご使用いただくこともあります。

70代、80代の方からも、よくメールや電話でご連絡をいただきます。

特に多いのは、40代~50代の方です。

加齢にともなって、肌が乾燥しやすくなったり、シミ・シワといったエイジングサインが気になり始めた方々に、たくさんご愛用いただいています。

ですから、特別『若い人向き』のスキンケアではないといえます。

そして、もうひとつ大切なこと!

それは、そもそも

【年齢と化粧品には関連性がない】

ということです。

つまり・・・↓↓↓

『40代用化粧品』なんて無い
美容雑誌やインターネットの記事で見かけるこんな言葉。

  • 40代用化粧品
  • 50代からはほにゃらら化粧品
  • 60代女性のための化粧品

このような言葉を見ると、世の中には『年齢・年代にあった化粧品』が存在するかのように感じてしまいます。

でも、実際には・・・

これらは、化粧品を売りやすくするために、【化粧品メーカーが作った売り文句】にすぎません。

  • 年齢を重ねた肌には、特別な化粧品を使わないといけない

というのもウソです。

ウキウキメイトならご存知の通り、年齢・年代に関わらず、化粧品が肌に与える効果は『保湿』のみです。

つまり『保湿』がきちんとできていれば、どんな年齢であっても、キレイ肌を作ることができるのです。

アクアテクトゲルが、幅広い年代の方々に長年ご愛用いただいているのは、この証明です。

ですから、「ちゃんとスキンケアをしているのに肌に変化が見られない」という場合、原因は『年齢と化粧品があっていないから』ではありません。

それよりも、考えるべき要素はさまざまあります。

例えば・・・↓↓↓

「思ったような変化がない!」
というときのチェックポイント

保湿ケアを続けた期間はどれくらい?
保湿の効果を得るためにかかる期間は、肌質・肌トラブルによって異なりますが、最低1年間、こつこつと保湿ケアを続けることで、「肌にあっているかどうか?」「肌トラブルを改善できるか?」を判断できます。

アクアテクトゲルの使用量は十分?
肌がうるおうために必要な量は、人それぞれ異なります。

例えば、アトピー性皮膚炎のような極度の乾燥肌の方の場合は、お得用サイズのアクアテクトゲルを1週間で使い切られる場合もあります。

肌が必要とする量の見極め方は、以下の記事をご覧ください。

食事・睡眠・ストレスなど、体の内側の状態は万全?
化粧品は、体の外側から肌の表面に作用します。

しかし、その肌は、体の内側から生み出されるものです。

うるおいのある健やかな肌を作るためには、体の中から健康な肌細胞が生み出されることが必要不可欠です。

保湿のケアとあわせて、体の内側からのケアにも目を向けていきましょう。

他にも、日常生活のちょっとしたクセや、メイクの仕方、ものごとの考え方などに、思いがけない見落としが見つかることもあります。

このように「もしかして、これが原因かな?」ということを、少し意識して変えていくと、肌の調子がどんどん良くなる、ということもよくあります。

「もっとキレイになりたいのに、思うような変化がない」という場合には、ぜひ見直しをしてみてください。

ご自身で答えが出ないときには、スキンケアアドバイザーにご相談くださいね。

一緒に原因を見つけて、キレイ肌を目指しましょう!

最新の記事

閉じる