電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2019年09月05日

ガサガサ・ゴワゴワ肌をつるつる肌にする方法

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。
秋口になって、なんとな~く、

  • 肌がゴワゴワする
  • ざらつきが気になる
  • 化粧のノリが悪い
  • 肌が乾燥しやすい

こういうこと、ありませんか?

実は、これらはすべて、『角質層』が水分不足になることで起こる肌状態です。

角質層というのは、肌の一番表面にあるうす~い層です。

角質細胞という平たい細胞が積み重なって構成されています。

この角質細胞、放っておくと、本来であれば、一定期間ではがれ落ちていきます。

いわゆる『あか』です。

毎日はがれ落ちても、また肌の奥から新しい角質細胞が上がってきますので、角質細胞は常に一定の厚さを保ちます。

でも!

もし、現在、ごわつきや、ざらつき、乾燥等を感じていらっしゃるなら、不要な角質細胞が、まだ肌表面にくっついているおそれがあります。

というのも、水分不足などで肌機能が損なわれていると、角質細胞が硬く縮こまり、うまくはがれてくれないからです。

角質細胞がとどまると、顔が『かかとの肌』になる?
肌表面に不要な角質細胞がとどまると、角質層そのものが厚くなります。

分かりやすい例を挙げますね。

人の肌の中で、特に角質層の厚い部分が『かかと』です。

全体重を受ける箇所ですから、ひときわ丈夫になるよう、角質層が厚くなっています。

役割の違いがあるので、顔の肌と異なるのは当然なのですが、ちょっと、顔の肌が、かかとの肌と同じになったところを想像してみてください。

「角質層が厚くなる」というのは、簡単に言うと、こういう状態を指します。
ごわつき、ざらつき、化粧ノリが悪いのも、なんとなく納得・・・ですね^^;

でも、だからって、「かかとみたいな肌で過ごしたくない~!」と思われる方が多いと思います。

どうすればいいでしょうか?

ザラつき・ゴワつきの解消法
まずは、アクアテクトゲルの量と頻度をチェック!

角質細胞がはがれ落ちずに肌にとどまっているのは、主には、うるおい不足になっているからです。

この状態は、アクアテクトゲルで、肌が必要とするだけ保湿を行えば、改善できます。

まずは、毎日行っているアクアテクトゲルの使用量・頻度を、もう一度見直してみましょう。

例えば、

  • 夏の間に、アクアテクトゲルの使用量が減っていませんか?
  • 夏用に減らした状態のまま、今もお手入れしていませんか?
  • 日中に乾燥を感じていませんか?

アクアテクトゲルの使用目安量は、ゲル計量器で量る『さくらんぼ1つ半~2つ分』です。


これで、さくらんぼ2つ分。

ごわつきやざらつきを感じる肌状態の場合は、特にしっかり肌をうるおす必要があります。

ですから、現在、この量よりも少ない場合には、使用量を増やしてお手入れを続けてみてください。

「なかなか浸透しない!」のも、角質層が厚くなっている証拠
角質層が厚くなっていると、アクアテクトゲルが浸透しにくいです。

肌の表面に、硬くなった角質細胞がぎっしり積み重なっているためです。
アクアテクトゲルの使用量が少ないと、なおのこと、肌はうるおいません。

たくさん塗るとべたつく場合には、少量ずつ小分けにして重ね塗りを行い、目安量以上のアクアテクトゲルで、肌をしっかりうるおしましょう。

アクアテクトゲルを使っているなら、日中に保湿をしないと損!
昼や夕方に乾燥やツッパリを感じるなら、日中にも保湿を行いましょう。

アクアテクトゲルの最大のメリットのひとつは、『何度重ね塗りをしても、保湿ができること』です。

これは、化粧水やクリームを使った一般的なスキンケアではできないことです。

化粧水だけでは、肌に水分を留めることができず、すぐに乾燥してしまいます。

だからと言って、化粧水の後に油分の多いクリームを塗ってしまうと、それ以上水分を与えることができません。

油分で弾かれてしまうからです。

でも、アクアテクトゲルは、水分や油分で層を形成するわけではありません。

簡単にいうと、水分・油分・保湿成分がモザイク状に組み合わさったクリームです。

ですから、何度塗り重ねても、肌全体に水分・油分・保湿成分を都度・都度、与えることができるのです。

アクアテクトゲルと一般のスキンケアの違い
アクアテクトゲルでスキンケアをおこなうなら、このメリットを最大限生かさないともったいないです!

日中に乾燥を感じるということは、朝のスキンケアで補った水分が、時間の経過とともに蒸発しているということです。

ほんの少量でも構いませんので、日中にもアクアテクトゲルを塗って、もう一度肌をうるおしましょう。

これで、肌=角質層がうるおった状態を一日中維持することができます。

もちろん、ファンデーションやメイクをしている上からも、アクアテクトゲルで保湿できます。

そして、うるおいを保った角質層は、適切に生まれ変わりを行うようになります。
不要な角質細胞がきちんとはがれ落ちていくので、

  • 肌表面がなめらかになる
  • 化粧ノリがよくなる
  • 乾燥を感じにくくなる

などなど、肌状態がよくなっていきますよ。

この状態を作るべく、ぜひお手入れを続けてみてください。

さて、こうして保湿方法を見直すと、数ヶ月かけて肌が少しずつ変化し、『うるおう角質層』に変わっていきます。

肌本来の機能にそった安全で効果的な改善法です。

でも、もし、今、「保湿もするけど、少しでも早く良い状態になれる方法はないかな?」と思われたなら・・・次回、スペシャルケアをおすすめしますね!

最新の記事

閉じる