電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2019年06月13日

ジメジメ時季は、乾燥肌の危険シーズン!
今するべき正しいスキンケアは?

こんにちは。

アースケアの下田梨絵です。

今回はご質問、というよりも、この時季によく伺う声を取り上げたいと思います。

その声とは、

最近は、アクアテクトゲルの量をちょっと減らしてるんですよ、夏だから。

 

もう冬みたいに乾燥しないからね。

 
お電話でお話を伺っているときに、ポロっとこぼれるこの言葉。

「確かにそうよね~」

とうなずいてしまいがちな言葉なのですが、一旦、深呼吸。

ちょっと注意を向けていただきたいのです。

この、 一見、当たり前に思える認識が、実は、キケンをはらんでいるのです。

初夏の肌で起こっていること
冬、空気は乾燥しています。

肌の水分は乾いた空気に触れて、蒸発していきます。

一方、6月・梅雨時の空気は、たくさんの湿気を含んでいます。

これは、肌にとってはプラスに働きます。

冬と同じように空気に触れていても、肌の水分は奪われにくいからですね。

でも!

ここで油断はできません!

これはあくまでも、梅雨時の『空気』の特徴にすぎません。

問題は、肌にあります。

梅雨時は確かに湿度が高いですが、湿度が高いと気温が上がります。

日本特有の高温多湿、あのムシムシした季節です。

気温が高くなると、私たちの体温も高くなります。

それを抑えるために、私たちは汗をかきます。

汗は蒸発するときに、熱と一緒に水分を奪います。

つまり、 肌は乾燥していくのです。

ところが、今の時季は、湿気をたっぷり含んだ空気に包まれているおかげで、肌の表面はしっとりしているように『思えます』。

実際に指で触っても、乾燥が感じられないことも多いです。

またこの時季は、皮脂腺の働きも活発になるため、一年で一番皮脂量が増える時季でもあります。

そのため、乾燥どころか、皮脂で指がヌルっとすべることもあります。

さて、肌がこのような状態になると、乾燥肌・敏感肌の人はどうすると思いますか?

梅雨は、誤解の季節
ある化粧品会社が行った調査では、乾燥肌・敏感肌の3人に1人の人が、今の時季、「肌がうるおっている」と判断すると言われています。

でも・・・。

ウキウキメイトの皆さまなら、もうお分かりかもしれません。

そうです、 『うるおっている』というのは、『勘違い』である可能性があります。

湿気を含んだ空気や、たくさん分泌される皮脂で、肌表面がしっとりしていたとしても、汗によって水分が蒸発している可能性があります。

さらに、今の時季から動き始める冷房や扇風機などの冷たい風は、肌の水分をどんどん奪っていきます。

そして、 このようにして肌が乾燥すればするほど、その乾燥を食い止めようと、肌は皮脂の分泌量を増やします。

もし、この事実を知らなければ、ウキウキメイトの中にも、湿気による肌のしっとり感や、皮脂に覆われた肌を「うるおっている」と感じて、「いつもよりアクアテクトゲルの量を減らしてもいいかな~」と思ってしまう方がいらっしゃるかもしれません。

たくさん分泌される皮脂のベタつきを、「アクアテクトゲルが浸透しなくてヌルヌルしている」と勘違いされる場合もあります。

つまり、

  • 気付かないところで肌の水分を奪っていく汗
  • 乾燥を感じにくくする湿気や皮脂

この二つのせいで、梅雨時は、 「保湿しなくてもいいかな~」という大きな誤解を生みやすい季節!なんです!

「だよねだよね、知ってたわ~!」と思っていただければ私も一安心です。

「そうだったんだ・・・!」と、今、ちょっとドキッとされたなら・・・

大丈夫です!

まだ夏の入り口です。

失った水分を、今から取り返しましょう!

ということで、

「梅雨時もしっかり保湿しているわよ!」というウキウキメイトさんも

「正直、冬ほど保湿はしてないわ・・・」というウキウキメイトさんも

これを機に現在の保湿ケアを見直してみてくださいね♪

今の時季も、冬と同じように、いいえ、冬以上に、アクアテクトゲルを塗って肌を保湿することが、梅雨時の正しいスキンケアです^^

最新の記事

閉じる