電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2019年05月30日

今のうちに!ツルツル・すべすべの二の腕をつくる方法

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

5月末から急に暑くなってびっくりしましたね!

初夏を飛び越して、夏が来たようでした。

私は、毎年、社内で一番に半袖を着始める暑がりなので、急に暑くなったこの数日以降、もうすっかり夏服で過ごしています。

そして、夏服になって気になり始めたことが・・・それは、二の腕!

あなたも、ちょっと触ってみてください。

ザラザラ、プツプツ、ないでしょうか・・・。

特に女性にお悩みが多い、二の腕のざらつき。

これからの季節、どうしても人の目についてしまう隠れた体の肌トラブルのひとつです。

私も、すこしザラツキが気になったので、最近、しっかりお手入れを始めました。

今日はこの解決方法をご紹介します♪

夏に向けて、ツルツル・スベスベの二の腕をつくっていきましょう♪

二の腕のザラザラ・プツプツはどうして起こる?
「特に赤くなったり、かゆくなるわけでもないけれど、手で触ると、ザラザラしている」

「プツプツと小さく盛り上がっているのがはっきりと分かる・・・」

これは、肌が乾燥して、角質が厚く、硬くなることで起こる症状です。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)が滞ることで、肌の表面に古い角質がとどまり、その結果、触るとザラザラしています。

また、古い角質が毛穴や汗腺をふさいでしまうことで、プツプツとしたニキビのようなものもできてしまいます。

「ちゃんと洗えていないからだ!」ということではありません!

ですから、タオルでゴシゴシ洗ったり、爪でひっかいたりしないでくださいねっ。

この二の腕のざらつきは、年中、起こりえることですが、気温が高くなり始める初夏は、特にざらつきやすくなります。

二の腕をざらつかせるのは『肌の冬ごもり』
冬の間は、気温の低下や空気の乾燥によって、肌の新陳代謝が悪くなります。

全身の血行が悪くなり、肌だけではなく、体そのものの代謝も落ちます。

代謝が悪くなると、体内に老廃物が溜まりやすくなります。

また、汗や皮脂もそれほど出ないので、毛穴や汗腺の機能も衰えがちです。

この状態が、『肌の冬ごもり』です。

ところが、季節はめぐります。

冬の次は春が来て、夏が来ます。

この季節にあわせて、肌も変化していけばいいのですが、うまくいかないときもあります。

例えば、気候が一気に変わったとき。

今年も、寒くなったり暑くなったりを繰り返していたと思ったら、ここにきて暑さがぐっと増しました。

ほんの一ヶ月前と比べても、汗をたくさんかくようになったし、皮脂の分泌も活発になったと思います。

しかし、冬ごもりしていた肌は、この変化についていけません。

肌は引き続き硬くなり、老廃物が汗の出る汗腺や毛穴を塞いだ状態です。

このような状態では、汗や皮脂が外へうまく出ることができません。

その結果、毛穴や汗腺がつまり、ザラザラした手触りになったり、プツプツとした吹き出物のような盛り上がりができてしまうのです。

特に二の腕は、脂肪がつきやすい場所です。

筋肉の割合が少なくなる分、血行不良が起こりやすい。

つまり、代謝が特に悪くなりやすい箇所なのです。

これも、一層、二の腕をざらつきやすくしています。

日頃から、保湿をして、肌を柔らかくしていれば、もちろん、ざらつきは起こりにくいです。

でも、二の腕ってなかなかケアが行き届かない箇所でもあります。

だから、暑くなって、半そでを着る季節になったときに、急にざらつきが気になり始めるんですよね(涙)

と言っても、もちろん、諦める必要はありません♪

次のお手入れを行うことで、二の腕のざらつきを解消することが期待できます。

夏を思いっきり楽しむためにも、ぜひツルツルの肌を作りましょう♪

ザラザラ・プツプツを解消して、二の腕をツルツルにする方法
1.まずは、きちんと汗をかく!
まだ冬ごもりしている肌を起こしましょう!

そのためには、日常的にきちんと汗をかくことがおすすめです。

そうすれば、汗を排出する汗腺や、皮脂を分泌する皮脂腺が、しっかり働くようになります。

運動で汗をかくのは、もちろん効果大!

それが難しい場合には、お風呂で湯船につかって、じっくり汗をかきましょう。

体に負担なくしっかりと汗をかくには、半身浴がオススメです。

汗をかき慣れていないと、じっとり汗が出てくるまでに最初は時間がかかると思います。

でも、毎日半身浴を続けていると、その時間がだんだん短くなってきますよ。

私も、最初は15~20分かかって、やっと汗が出てきていましたが、慣れてくると10分くらいで、ダラダラと滝のように汗が出るようになりました^^;

以下に、汗をかきやすい半身浴の方法をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

たっぷり汗をかく!半身浴の方法
【1】38度~40度くらいの、体温より少し高い程度のお湯にみぞおち(胸の下)まで、ゆっくりと入ります。

※ 腕はお湯から外に出してください。

【2】20~30分後、身体が温まったら湯船から出てください。

※ 半身浴をする時間が長すぎると角質がふやけすぎ、肌が弱くなってしまうので20~30分くらいにしてくださいね。

※ 湯船につかる時間は、体調を見ながら調節してください。

無理をしないでくださいね。

【注意!】

半身浴を行うと皮膚に血液が集まります。

食後すぐに行うと胃は働きを悪くするので、食後一時間は避けてくださいね。

もっと効率的に汗をかく!ポイント
ぬるめの水を飲みながら半身浴で、汗たっぷり

発汗による脱水症状を防ぐのはもちろんですが、水を飲むことは発汗を促します。

半身浴をしながら水を口に含み、飲み込まずに30秒ほど待つと、だんだん汗が出てくるのを感じます。

体は水分の自動調整機能があるので、新しい水を与えると、「体内の古い水を出そう!」と汗が出やすくなるのです。

体が温まっているので冷たい水を飲みたくなりますが、冷たい水は体を冷やします。

せっかく汗をたっぷりかくための半身浴です。

体を冷やしすぎず、また、水分の循環を促すためにぬるめの水を飲みましょう♪

 
忙しくて、なかなかゆっくり湯船につかっていられない・・・という場合には、蒸しタオルを活用しましょう。

温めることで、毛穴や汗腺が開きやすい状態になります。

お家でカンタンにできる!蒸しタオルパックの方法

【用意するもの】

・フェイスタオル(大きめのハンドタオルでもOK) 
・ラップ
・電子レンジ

 
二の腕が清潔な状態で行ってください。

お風呂上りがベストですね。

【1】タオルを水で濡らして、軽く絞ります。

絞ったタオルを一度ひらき、たたみます。

【2】たたんだタオルをくるくると巻いて、用意しておいたラップで包みます。(ここできっちりと包みましょう)

そして、電子レンジで、30~40秒くらい温めましょう。

※アツアツなので、ヤケドしないように十分注意して下さい!

【3】タオルを広げて、少し冷ましておきます。

【4】タオルをざらつきの気になる部分にあてます。

※ゴシゴシこすったり、ぐいぐい押しつける必要はありません!

温めることが目的なので、ふわっと二の腕を包むだけでOKです。

この状態で5分ほど待ちます。

これだけです♪

蒸しタオルを取ると、肌からは一気に水分が蒸発します。

このあとは、次にご紹介するようにピーリングゲルか、アクアテクトゲルをすぐに塗るようにしてください。 (ピーリングゲルも、たっぷりの水分を含んでいるので、保湿効果があります)

2.ピーリングゲルで古い角質を取り除く
アクアテクトゲルで保湿を行うだけでも、滞っている肌の生まれ変わりを促すことができます。

でも、もっと効率的に、もっと早く効果を実感したい!という場合には、ピーリングゲルがおすすめ。

肌の表面にとどまっている古い角質細胞を、肌に負担を与えることなく、やさしく取り除くことができます。

お風呂上がりの清潔な肌で行ってください。 (先程ご紹介した蒸しタオルの後でもOK)

顔に使うのと同じ要領で、二の腕にピーリングゲルを塗り広げます。

しばらく放置すると、ゲルが柔らかく、水っぽくなります。

このタイミングに、手の平でやさしくマッサージをしてください。

古い角質細胞が、ゲルと一緒にポロポロになって出てきます。

毎日、もしくは、2~3日に1度の頻度でこまめに行うとツルツルの肌に近づきます。

3.アクアテクトゲルで肌をやわらかくする
硬くなった肌をやわらかくするために、アクアテクトゲルで保湿を行いましょう。

朝のお出かけ前と、お風呂上がりに塗るのが基本のケアです。

もちろん、日中にも、何度も塗ってOK!

これまで、あまり保湿をしていない場合には、アクアテクトゲルを2~3日塗るだけでも二の腕の肌の表面が、やわらかく、ふかふかしてくるのが実感できると思います♪

半身浴や蒸しタオル、ピーリングゲルがなかなかできないときにも、とりあえず、 アクアテクトゲルだけは塗ってみてくださいね!

以上のお手入れを続けていただくことで、ツルツルの二の腕を手に入れていただけます。

また、二の腕以外の、太ももやデコルテのざらつきにも同じ方法で対処することができます。

気になる部分をケアして、ツルツル・スベスベの肌で夏を楽しみましょう~!

最新の記事

閉じる