電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2018年10月18日

アクアテクトゲルを他の化粧品と併用して問題ありませんか?

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

今回は、ときどきいただくこんなお問い合わせにお答えしたいと思います。

「他社の化粧水や美容液を、アクアテクトゲルと併用しても問題はないでしょうか?」

特に、お手入れを始められたばかりの方からいただくご質問です^^

アースケアのサイトや手作り新聞などでご紹介させていただいているとおり、アクアテクトゲルは、【1本で保湿ケアが完了するスキンケア】です。

でも、やっぱり最初は「本当に1本で保湿ができるのかな?」と不安に思われる方は多いです。

また、お手入れを続ける中でも、CMや店頭で新しい化粧品を見かけると、「これも使ってみようかな」と思われる瞬間があると思います。

こういうときに、「他の化粧品とアクアテクトゲルを一緒に使うのはどうだろう?」と考えられるのは、自然なことです。

ですから、今回は、他の化粧品との併用について、本当のところを正直にお話させていただきます。

これからのお手入れ方法を決める参考になさってください。

実は、併用が招く3つの問題
まず、

「他の商品と一緒に使うことで、何か化学反応のようなものが起こってしまう」

ということはありませんので、そういう意味では、問題ありません^^

ただ、他にいくつか問題となる点はあります。

  • あえて併用する必要性がない
  • 保湿効果が落ちるおそれがある
  • 化粧品代と手間がかかる

順にご説明しますね。

1.必要性がない

肌を保湿するためには、水分・油分・保湿成分が必要です。

一般的な化粧水は水分を、美容液やクリームは油分と保湿成分を肌に与えます。

大切なのはこのバランスです。

たっぷりの水分と、適度な油分と保湿成分を補って初めて肌は潤いを維持できます。

では、化粧水・美容液・クリームなどを、その適切なバランスで与えることはできるでしょうか?

これは、結構むずかしいです。

それぞれを顔全体に同じバランスで塗り広げるのも至難の業ですしね。

アクアテクトゲルは、最初からこの3つの成分がバランスよく配合されています。

だから、1本でしっかりと、アースケアの推奨する『正しい保湿』ができます。

もし、アクアテクトゲルを塗ってまだ乾燥を感じるなら、さらにアクアテクトゲルを重ね塗りします。

つまり、塗るたびに、保湿に必要な3つの要素をカンペキなバランスで与えるというわけですね。

化粧水や美容液を併用することは、このアクアテクトゲルの重ね塗りと比べると、不完全な保湿行為です。

ですから、あえて、化粧水や美容液を塗る必要性はありません。

2.保湿効果が落ちる

先ほどお話した通り、アクアテクトゲルは重ね塗りすることで保湿(肌を常に潤った状態にすること)ができます。

でも、他の商品と併用する場合は、その使用順によって、アクアテクトゲルの保湿効果を妨げてしまいます。

それは、クリーム・乳液・オイルなど、油分の多い化粧品を塗る場合です。

これらを塗ると、肌表面に油膜ができます。

油膜ができると、デメリットが2つ発生します。

1つめは、『肌の本当の状態が分からなくなること』

クリームやオイルを塗った後も、肌の水分は蒸発していきます。

塗らない場合と比べると、蒸発のスピードは少し抑えられますが、100%防ぐわけではありません。

でも、肌の表面が油分でしっとりしていると、蒸発による乾燥を『感じにくく』なります。

これがキケンです。

もし痛覚が無かったら、骨が折れていても気付きません。

それと同じで、乾燥しているのに、乾燥を感じないと、適切な対処ができません。

その結果、知らない間に乾燥肌が深刻化して、肌トラブルを招く・・・ということが起こりやすくなります。

これが、オイルやクリームを塗るデメリットのひとつめです。

2つめは、『肌に水分を与えられなくなること』

見落としがちなデメリットがこれです。

オイルやクリームを塗ると、水分蒸発を防ぐ代わりに、外から水分を補うことができなくなります。

油分が水分をはじいてしまうのです。

つまり、アクアテクトゲルが持つ『何度でも重ね塗りすることで、肌に潤いを与えられる』という特長を生かせなくなってしまうのです。

「朝、スキンケアをしたら、夜まで水分を補ったりしないから問題ないじゃない?」と思われるかもしれませんが、大問題です!

年齢を重ねると、『水分を維持する肌の機能』がどんどん衰えていきます。

これはつまり、時間の経過とともに肌が乾燥するということです。

この状況を放置していると、シワやシミ・たるみなどの肌の老化現象を目立たせることにつながります。

乾燥肌の方はなおさらです。

『何度でも潤いを与えられる』というのは、他の化粧品にはないアクアテクトゲルのメリットですので、ぜひ生かしていただきたいなと思います。

3.化粧品代と手間がかかる
これは、面倒くさがりで節約したい派の私だからかもしれないのですが^^;

他の化粧品と併用する場合、毎日のお手入れにかける時間や手間、そして化粧品にかける費用が、もったいないと思ってしまいます。

アクアテクトゲルを何度も重ね塗りすれば、1度塗りで終えるよりも、もちろん、それだけ使用量は増えますし、手間は増えるかもしれません。

でも、『複数の化粧品を使用するコストと手間』とそれによる『肌への保湿効果』を組み合わせて比べれば、アクアテクトゲルだけでお手入れするほうがずっとお得だと思います。

まとめ
以上3つの問題点を踏まえると、

「できるだけ効率的に肌を潤したい」

「とにかく肌トラブルを改善したい」

「肌への効果を最優先で考えたい」

という場合には、アクアテクトゲルだけで保湿ケアをされることをおすすめします。

また、

「以前に使っている化粧品が余っているからもったいない」

「とにかく使いたい化粧品がある」

「スキンケアが大好きだから、たくさん手をかけてスキンケアをしたい」

こういう場合には、アクアテクトゲルと他の化粧品を併用する方法も良いと思います。

その際には、本日お話したように、アクアテクトゲルの保湿効果を十分に得ていただきにくくなる点を考慮してお使いくださいね。

使用順序の目安は、以下の通りです。

化粧水などの水分が多い化粧品
→ アクアテクトゲルの前に使用する

乳液・美容液・クリームなど、油分が多い化粧品
→ アクアテクトゲルの後に使用する

 
個人的には、アクアテクトゲルだけのお手入れを大プッシュしたいです^^

乾燥肌を改善するにはもっとも適していると思えるからです。

でも、「クリームを塗るほうが安心感がある」「においがある化粧品のほうが気分がいい」など、好みの部分は十人十色です。

「アクアテクトゲルのにおいは嫌いだけど、使用感はいいから使っている」という方もいらっしゃいますから^^

ですから、ウキウキメイトの皆さまには、様々な情報を元に、ご自身が納得するお手入れ方法を選択いただきたいと思います。

本日のウキメルが、その判断材料になればうれしいです。

最新の記事

閉じる