電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2018年09月21日

今あるシミに!今日からできる4つのスペシャルケア

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

前回のウキメルでは、『シミのつくり方』をマスターしていただきました。

おさらいはこちらから↓↓↓

 
ポイントは次の2つでしたね。

1) 肌のターンオーバーが滞り、メラニン色素を排出できない

2) 肌のターンオーバーで追いつかないほど、メラニン色素が増えてしまった

 
この2つのどちらか、または両方が肌で起こると、シミができます!

もちろん、シミができても嬉しくないんですが、何事も、ものごとの両面を知っておくのは大切です。

シミのつくり方が分かっていれば、シミを防ぐ方法もよく分かります。

カンタンですよね。

反対のことをすればいいのです。

今回はその方法を考えてみましょう~

増えてしまったメラニン色素、
出してしまえば怖くない!

まずは、先ほどの『シミのつくり方(シミができるメカニズム)』1つ目に対策していきましょう。

シミができるメカニズム1
肌のターンオーバーが滞り、メラニン色素を排出できない

 
表皮の最下層(基底層)で生まれた肌細胞は、形と役割を変えながら、肌表面に向かってのぼっていきます。

これを、ターンオーバーといいます。

ターンオーバーの最終地点は『角質層』。

ご覧の通り、平べったい肌細胞(角質細胞)が何重もの層になっています。

角質細胞は役割を終えると、少しずつはがれ落ちていきます。(アカです。)

たくさん生成されたメラニン色素も、この角質細胞(アカ)と一緒に排出されます。

これが、健やかな肌状態です。

もちろん、シミにはなりません。

でも、体や肌が健やかでなければ、角質細胞がはがれにくくなります。

こうなると、古い角質細胞がどんどん重なって、層がぶ厚くなってしまいます。

もちろん、メラニン色素も角質細胞と一緒にとどまります。

これが!シミができる肌状態です。

シミ対策には、この正反対のことをすればいいので・・・

はい^^

肌のターンオーバーが適正に行われるようにすればいいのです!

そうすれば、メラニン色素は肌にとどまらず、シミはできなくなります。

これから新たにシミができることを防ぎますし、今あるシミの改善も期待できますね!

では、さっそく、『メラニン色素をちゃんと排出できる肌』を作っていきましょう!

その方法はこちらです↓↓

アクアテクトゲルで
『メラニン色素をちゃんと排出できる肌』をつくる

肌のターンオーバーを促すために効果的なのは、やっぱり『保湿』です。

肌が乾燥していると、角質細胞はどんどん硬くなってはがれにくくなり、角質層は厚くなってしまいます。

シミに限って考えると、この実感はあまり感じられないのですが・・・、例えば、今、肌にこんなことはないでしょうか?

  • 触るとザラザラしている
  • 化粧のりが悪い
  • くすんでいて、透明感がない
  • ニキビや肌荒れが起こっている
  • アクアテクトゲルが浸透しにくい

これらもすべて、角質層が硬くなり、厚くなっているために起こる肌トラブルです。

つまり、シミができやすい肌状態です。

このような場合は、しっかりと保湿をして肌を潤し、ターンオーバーが適正に行われるように促していきましょう!

肌の乾燥が改善されてくると、ターンオーバーの周期が整い、角質細胞は自然とはがれ落ちていくようになります。

もちろん、肌にとどまっていたメラニン色素も一緒に排出されていきます。

具体的なお手入れ方法はこちら↓↓↓

大前提として、『基本のお手入れ方法』で保湿ができているか、をもう一度チェックしておきましょう。

これを毎日きちんと続けるだけでも、『ちゃんと排出できる肌』が育ちます。

そのうえで、次の4つのお手入れをプラスしてください♪

【1】 シミが気になる部分には、一日に何度もアクアテクトゲルを塗る(毎日)

【2】 お風呂でアクアテクトゲルパックを行う(毎日~週に1回)

【3】 眠るときにアクアテクトゲルでスリーピングパックを行う(毎日~週に1回)

【4】 ピーリングゲルで古い角質細胞を取り除く(2~3日に1回))

 
【1】は、地道なケアですが、肌のターンオーバーを促す大切なお手入れです。

少量でも結構ですので、美容液を塗るようなイメージで、シミが気になる部分に丁寧にアクアテクトゲルを塗りましょう。

トントンと叩くようにひろげる

メイクをしている場合も、塗り方を少し工夫すればヨレることなく保湿ができますよ。

塗り方のコツは、以下の記事でチェックしてください。

【2】と【3】は肌を集中的に保湿するスペシャルケアです。

あなたのライフスタイルにあわせて、「今日はゆっくりする時間があるからお風呂で」「今日は簡単に済ませたいからスリーピングパックで」などなど、パック方法を組み合わせて行っていただくと、続けやすくなると思います^^

パックの方法も、ご紹介しておきますね。

お風呂でアクアテクトゲルパック

アクアテクトゲルパックの方法

1.メイク落とし&洗顔を終えた後、さくらんぼ4個程度のアクアテクトゲルを顔にぬります。

厚みがあるくらいでOKです。

乾燥や敏感肌が気になる部位には多めに。

2.フェイスシートを顔にのせます。

※フェイスシートがないときは、ラップでもOKです。

顔全体にラップをのせるときは、鼻と口の部分は切り取って、空気穴をあけてくださいね。

3.湯船につかって、20~30分リラックスタイムを楽しみます。

※半身浴をするときの注意点

37~38℃程度のぬるめのお湯で行いましょう

体調の悪いときは、お控えください

寒いときは上半身に乾いたタオルをかける等してください

心臓疾患等ある方は、医師と相談して行ってください

4.顔をすすいで、アクアテクトゲルを洗い流しましょう。

最後に、いつものようにアクアテクトゲルを塗って、終わり♪

湯船にゆっくり浸かってあたたまると、体はリラックス状態になります。

また、湿度が高い浴室は、水分が蒸発しにくいので、パックには最適。

いつも以上にアクアテクトゲルを肌に浸透させることができます♪

眠っているときにアクアテクトゲルパック(スリーピングパック)

1. まずは、夜、いつもどおり、保湿のお手入れを行います。

2. 布団に入る前に、たっぷりのアクアテクトゲルを顔に広げます。

目安量は、さくらんぼ2つ~3つ分。

  • 朝起きたときに乾燥を感じる部分
  • シミやシワ・ニキビなどの肌トラブルが気になる部分
  • 乾燥ジワが起こりやすい目の下

などには、特にたっぷりと塗ります。

このとき、肌になじませる必要はありません。

浸透しきらなかったゲルが、肌の上に残っているくらいでちょうどいいです。

3. 朝までぐっすり眠ります。

あとは、寝るだけです。

普段の夜のお手入れなら、アクアテクトゲルの使用目安量は『肌が潤う量』です。

『肌が潤う』というのは、『手の平を当ててゆっくり離すと、肌が手の平にくっついてくる状態』です。

この状態になるのに必要な量は、一人ひとり異なりますので、重ね塗りをしながら、あなたの肌にとってベストな量を見つけてください。

ただ、一旦は潤っても、時間が経過するにつれて肌の水分は蒸発していきます。

これは、人の体の特性上、自然なことである一方で、水分を維持する力が弱い乾燥肌では、より短時間で水分が失われていきます。

だから、蒸発した分だけ、都度、潤いを補うことが、アースケアがおすすめする『正しい保湿』です。

いつも「日中も保湿しましょうね~!」とお伝えしているのは、こういう理由です^^

でも!

眠っている間に水分が蒸発したら?

途中で保湿はできないですよね!

そこで、『スリーピングパック』なのです!

たっぷりのアクアテクトゲルを塗っておくと、肌の表面に残っているアクアテクトゲルが、眠っている間にじっくり肌に浸透していきます。

つまり、目が覚めるまでず~っと肌に潤いを与え続けてくれるのです。

このように、しっかり保湿をするだけでも、『ちゃんと排出できる肌』をつくることができます。

ですが、「シミの悩みをできるだけ早く解消した~い」という場合には、4のお手入れ、アクシリオ ピーリングゲルをおすすめします。

ピーリングゲルで『排出』をお手伝い

敏感肌でも使えるピーリングゲル

ピーリングゲルは、水の力を利用して、乾燥して硬くなった不要な角質細胞を柔らかくします。

その後、マッサージを行うことで、ゲルが角質細胞をからめとります。

このピーリングゲルの一番のポイントは、『やわらかくなった古い角質細胞だけ』を取り除くことです。

逆に言うと、ちょ~っとずつしかとれません。

その代わり、肌に負担を与えることなく、無理なく、不要な角質だけを取り除くことができます。

ですから、敏感肌・乾燥肌の方にも安心してご使用いただけますし、もし、「集中的にお手入れをしたい!」ということであれば、毎日使っていただいても問題ありません。(マッサージのときに力を入れないようにだけ注意してくださいね)

ピーリングゲルを使って古い角質細胞を取り除く方法

1. 使用目安量 さくらんぼ2つ~3つ分位のピーリングゲルを顔全体に広げます。

お風呂場や洗面所などの湿気の多い場所では、ゲルの特性が発揮されないためポロポロが出にくくなります。

ピーリングゲルは、空気の乾いた場所でご使用ください。

2.水っぽくなるまで待ちます。

約1~5分程度。

この時間は、肌質・環境・季節などによって変わります。

肌が乾燥して硬くなっている場合には、浸透に時間がかかりますし、「先週は5分で浸透したのに、今日は8分かかった」ということもよくあります。

「なかなか水っぽくならないなぁ」という場合も、焦らずに待っていてください。

この待ち時間は、ピーリングゲルの保湿成分が肌を柔らかくしている時間です。

保湿パックの効果がありますので、このスキンケアタイムも楽しんでくださいね。

3.ゲルが水っぽくなったら、大きな円を描くように、やさしくマッサージをします。

ポロポロがでてきたら、マッサージを終えてください。

「なかなかポロポロが出ない」という場合は、使用量と待ち時間のバランスを調整することをおすすめします。

以下の記事では、スキンケアアドバイザーの平山が、「ポロポロがでないとき」の見直しポイントをご紹介しています。

ぜひご覧ください。

4.ポロポロを洗い流して終了です。

※さっぱりしたい方は、水かぬるま湯でポロポロを洗い流します。

※しっとりしたい方は、ティッシュなどでポロポロを払い落します。

ピーリングゲルは、シミ対策をされているウキウキメイトさんには特に人気のお手入れです。

「しっかりシミ対策をしたい!」という場合は、ぜひお試しください^^

毎日ご使用いただいているアクシリオシリーズで、今日からさっそくシミ対策を始めてくださいね!

実は、アクアテクトゲルにはシミ対策に欠かせない重要な役割がもうひとつあります。

次回は、そのお話をしますね。

今回は、『今あるシミ』に効果的なお手入れ方法でしたが、次回は『そもそもシミを作らない』対策としてとても大切なお手入れ方法です。

どうぞお楽しみに!

最新の記事

閉じる