電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2018年04月26日

シミ・シワを寄せ付けない肌へ。今、鍛えるべきは肌のバリア力!

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

最近、街を歩いていると、紫外線対策をしている人を見かけることが、一気に増えてきました。

もちろん、ウキウキメイトの皆さまも、紫外線対策をバッチリして、お出かけされていると思います♪

紫外線対策と言えば、日焼け止め・日傘・サングラス・長袖・帽子。

ですが、実はもうひとつ、私たちを紫外線から守ってくれる大切なモノがあることをご存知でしょうか?

何を隠そう、それが『肌』!

具体的には、私たちの肌が持つ『バリア機能』です。

バリア機能って何をしてくれるの?

人の肌には『バリア機能』が備わっています。

外部から受ける刺激が体の中に入らないよう守るのが、その役割です。

ここでいう刺激とは、花粉・黄砂・PM2.5・ホコリ・アレルギー物質・基礎化粧品やメイク用品などの肌につけるもの、そして、紫外線です。

「バリア機能は紫外線のダメージも防ぐ!」

という事実を知ったとき、私はちょっと驚きました。

よく考えたら納得なのですが、なんとなく、「紫外線は日焼け止めで防ぐもの」だと思っていたので、肌そのものに紫外線のダメージを防ぐ力があるということを意外に思ったのでした^^

ご存知の通り、紫外線は、シミ・シワ・たるみ・ニキビ・乾燥など、さまざまな肌トラブルの原因となります。

特に、4月・5月から秋にかけて、紫外線は強くなるばかり。

今、ここで油断をして紫外線のダメージを受けてしまうと、春夏はもちろん、それ以降になって大きな肌トラブルに発展してしまうおそれがあります。

つまり、紫外線対策は、万全の上にも万全を期して損はありません!

そうと分かれば!

肌のバリア機能をフル活用して、紫外線からしっかり肌を守りたいですよね。

詳しくお話しますね。

バリア機能が高い肌と、低い肌の違いは?

紫外線によるダメージを防ぐには、バリア機能が正常であることが大前提です。

ですから、バリア機能の仕組みを、少し知っておきましょう。

まず、肌のバリア機能は、『角質層』が担っています。

角質層は、レンガとモルタルで作った壁のようなものです。

肌細胞(レンガ)と肌細胞の間を、細胞間脂質という水分・油分の性質を持った物質(モルタル)でくっつけあって、一枚の壁を構成するのです。(これをラメラ構造といいます)

肌にうるおいがあり、ターンオーバーが適正に行われていると、同じ大きさのレンガがスキマなくびっしり整列しています。

防御壁としてきちんと機能しますので、紫外線を防ぎやすくなります。

一方、うるおい不足になっていたり、肌のターンオーバーの周期が乱れていると、そもそもレンガの大きさがバラバラだったり、レンガとレンガの間にスキマができたりしてしまいます。

こうなると『弱い防御壁』になります。紫外線を受けても、きちんと防ぐことができません;;

これが、肌にどう影響してくるか、一つ例を挙げてみましょう。

例えば、『シミ』についてです。

人の肌には、メラノサイトという細胞があります。

紫外線のダメージを受けると、メラニン色素を作って肌を守る役割をしています。

メラニン色素というのは、ご存知の通り、シミのもとです。肌にメラニン色素がたくさんとどまってしまうと、シミになります。

バリア機能の高い肌は、防御壁が強いので、少々の紫外線には耐えられます。ですから、紫外線の強さが『10』になったあたりで、メラノサイトのメラニン色素生成スイッチをオン!にします。

ところが、バリア機能が低下した肌は、紫外線に対して敏感です。なにせ、防御壁が弱いので、強さ『1』の紫外線でも、あわててメラニン色素生成スイッチをオンにします;

つまり、それだけシミができるリスクが増えてしまうということです。

バリア機能がちゃんと働く肌と、弱っている肌を、イメージしていただけましたか?

これを踏まえて、現在の肌状態を考えてみましょう。

バリア機能、低下していませんか?

もし、現在の肌が

  • 乾燥している
  • 肌荒れが起こっている
  • 少しの刺激にも過敏になっている
  • かゆみや赤みがある

このような場合は、角質層が『弱い防御壁』になっている状態です。

紫外線から肌を守る力が弱まっています。

これはつまり、『少しの紫外線でもダメージを受けてしまう』ということ。

シミやシワ・ニキビ・たるみなどの肌トラブルが起こりやすい状態です。

たとえ日焼け止めを塗ったとしても、その下にある肌そのものの防御力が弱まっているため、バリア機能が正常に稼働している状態と比べると、ダメージを受けやすいです。

ですから、日焼け止めを塗ることとあわせて、肌のバリア機能を高めるケアも行っていきましょう。

ここで、アクアテクトゲルが役に立ちます!

バリア機能を回復させるスキンケアはこれ!

低下したバリア機能を回復させるためには、アクアテクトゲルを使った保湿ケアがとても効果的です。

ここまでで見ていただいたように、うるおいのない肌はバリア機能が低下します。

逆に言うと、うるおいのある肌は、バリア機能が高いということです。

アクアテクトゲルで肌をうるおすことによって、2つの意味でバリア機能を高めることができます。

つまり、こういうことです↓↓↓

1.アクアテクトゲルでうるおいを与え、バリア機能を一時的に補強する

まず、バリア機能が低下した角質層にアクアテクトゲルを塗ります。

レンガの壁に例えると、穴やスキマをアクアテクトゲルで補強するイメージです。

こうすることで、肌のバリア機能を一時的に補うことができます。

つまり、低下したバリア機能を底上げすることができるのです。

2.アクアテクトゲルを塗り続けて、うるおいを維持させると、
バリア機能が高い肌をつくられる

また、アクアテクトゲルを塗って防御壁が補強されると、肌の受けるダメージが一時的に減ります。

すると、その間に、これまでは防御するのに精いっぱいだった肌が、健康な肌細胞(レンガ)を作ることに専念できます。

この状態を一定期間続けると、次第に、形や大きさの揃ったレンガが肌表面に増え始めます。

つまり、そもそも、スキマのない『強い防御壁』で肌を構成できるようになるのです♪

1は、いますぐにバリア機能を補う方法、

2は、根本的に肌のバリア機能を強くする方法、

とも言えますね。

バリア機能が低いと、1の方法では、やはり効果は一時的になります。

ですが、2のようになれば、紫外線はもちろん、花粉や黄砂・ウイルス・乾燥などなど、肌トラブルにつながる刺激を寄せ付けない健康な肌で過ごせるようになります!

この状態を目指して、しっかり保湿ケアを行っていきましょう。
具体的なお手入れ方法は、『アクアテクトゲルをこまめに塗ること』です。

ポイントは『こまめに』というところ。

バリア機能が弱っている肌は、外部の刺激の弱いだけでなく、肌の水分も蒸発しやすくなっています。

そのため、アクアテクトゲルを塗っても、時間が経過すると、肌が乾燥し始める可能性が高いです。

先ほどお話した通り、バリア機能を高めるためには、一定期間、アクアテクトゲルでバリア機能を補ってあげることが必要です。

途中で肌が乾燥してしまうと、健康な肌細胞をつくる作業に支障がでます。

ですから、朝晩だけでなく、一日何度もアクアテクトゲルを塗ってください。

こうすることで、『うるおった状態』を24時間キープできます♪

塗る頻度は、肌状態によって異なります。

「乾燥してきたな」と感じる少し前に塗れればベストですね。

ご自身の肌状態を見ながら、こまめに塗り直す方法を見つけましょう。

『保湿』は効果的な紫外線対策!

お出かけが多い時期や、外に出ている時間が長い日には、特に行っておきたいですね。

今回ご紹介したお手入れ方法をぜひ実践して、紫外線に負けないキレイ肌を手に入れましょう!

最新の記事

閉じる