電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2018年03月22日

スキンケアの常識?『メイク落とし』と『洗顔』がどうして分かれているのか、知っていますか?

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

前回のウキメルをご覧になったウキウキメイトさんから、こんな質問をいただきました。

普通のスキンケアだと、メイク落としをした後に、洗顔をしますよね?
でも、ダブルクレンジングゲルって、メイクによっては、1度洗いで落とせるんですよね?
ということは、普通のメイク落としよりも洗浄力が強いということですか?

 
ダブルクレンジングゲルでメイクを落とす場合、基本は『2度洗い』を行います。

2度洗いとは、まず『メイク落とし』をして、その後に『洗顔』を行うこと。

一般的にも、メイクをしている場合は、2度洗いをすることが『スキンケアの常識』です。これは、濃いメイクの場合はもちろん、薄いメイクの場合でも同じです。どちらも、2度洗いが必要です。

しかし、ダブルクレンジングゲルの場合、実は、使用しているメイク料や肌状態によっては1度洗いでもOKです。

そこで、さきほどのご質問、「ダブルクレンジングゲルは、普通のメイク落とし(クレンジング料)よりも洗浄力が強いの?」という疑問がわいたのですね^^

この疑問を解消するためには、『メイク落とし』と『洗顔』の役割を理解することが必要です。その点から詳しくお話しますね。

『メイク落とし』と『洗顔』
どうして分かれているのか?

そもそも、どうして『メイク落とし』と『洗顔』が分かれているのか。
どうして2度洗いが必要なのか。
不思議に思ったことはありませんか?

私は、アースケアに入社するまでは、「メイク料は落ちにくいから、2回洗ったほうが良いんだろうな」程度に考えていました。

メイクをしているときには、まず『メイク落とし(クレンジング料)』で洗って、その後、『洗顔料』で洗う、という2度洗いの手順を、特に疑問を感じずに、そういうものだと思いこんでいました。

ですから、アースケアに入社して、それぞれの意味を知ったときには驚きました。

これが『メイク落とし』の仕組み

メイク料は油分でできています。ですから、水ですすいでも落ちません。

そこで、『メイク落とし(クレンジング料)』が登場します。
メイク落としの主成分は、『油分』や『界面活性剤』です。

界面活性剤というのは、油分とも水分とも相性の良い成分です。ですから、界面活性剤を使うと、本来水分では落ちない油分(メイク料)を落とすことができます。

『メイク落とし』の仕組みを簡単にご説明しますね。

  1. メイク落とし(クレンジング料)の油分を、メイク料(油分)となじませる
  2. なじんだ『メイク料+油分』を、界面活性剤で浮き上がらせる
  3. 水ですすいで、2を洗い流す

ところが、この界面活性剤が曲者です。

界面活性剤には、さまざまな種類があるのですが、メイク落とし(クレンジング料)によく使用されるのは『石油系の界面活性剤』です。

ものにくっつきやすい性質があるため、落ちにくいメイク料や油分にもよくくっつき、落とします。

でも、くっつきやすいが故に、すすいだ後も肌に残ってしまいやすいのです。

そのため、『メイク落とし』の後には、もう一度『洗顔』を行う必要が生まれました。

つまり、『洗顔』とは、肌に残ったクレンジング料を落とすために行うもの、だったのです!

っていうことを、入社当時の私は知らなかったので、初めて知ったときにはびっくりしたのですが、勉強熱心なウキウキメイトさんにとっては、もしかしたら常識なのかもしれません^^;

ここで、最初の質問に戻りましょう。

「ダブルクレンジングゲルで1度洗いで落とせるということは、普通のメイク落とし(クレンジング料)よりも洗浄力が強いということですか?」

この答えは、「いいえ」です。

一般的なメイク落とし(クレンジング料)と比べると、ダブルクレンジングゲルの洗浄力は弱いです。

それなのに、メイクをすっきり落とすことができます。(もちろん、落ちにくいメイク料などは落としきれません)

それにもかかわらず、二度洗いが必要ないのはなぜでしょう?

先ほどの『メイク落としと洗顔』の関係性を思い出していただくと、答えがでてきます。

ダブルクレンジングゲル
メイク落とし&洗顔が、1度洗いで終えられる理由

それは、ダブルクレンジングゲルには石油系の界面活性剤を使用していないからです。そのため、洗い残しが起こりません。

また、油分も多くはありません。通常、メイク料となじませる油分の代わりに、ゲルという形状によってなじみます

そのため、二度目の『洗顔』が必要ないのです。

こうしてみると、一般的な『2度洗い』と、ダブルクレンジングゲルで行う『2度洗い』では、目的がまったく異なることが分かります。

一般的な2度洗いの目的は、クレンジング料を落とすこと

ダブルクレンジングゲルの2度洗いの目的は、純粋に、1度目では落とせなかったメイク料を落とすことです。洗浄力がマイルドであるからこその2度洗いですね。

ですから、1度で落とせるメイク料なら、メイク落とし&洗顔を1度で終えられるのです。

これは、敏感肌・乾燥肌の方にとっては、とても大きなメリットです。

どんなに洗浄力がマイルドでも、『洗う』という行為は肌に少なからず負担を与えます。

負担の要因は、『洗浄力』と『摩擦』です。

毎日の『洗う』行為が、2度から1度に減らせるなら、肌に与える負担は2分の1になります。

前回ご紹介したように、私の場合。

試しに、顔に触れる回数を数えてみたところ、

  • 『洗顔(顔を洗って、すすぐ)』の間に、約30回
  • 『メイク落とし(メイクをなじませて、すすぐ)』の間に、約40回

でした。合計70回、肌に触れるわけです。もしこれが、1度洗いで終えられるなら・・・しかも、それが毎日だったら・・・肌への負担が大きく変わることは想像できますね^^

ですから、ウキウキメイトの皆さまにおすすめするのは次の2つです!

  1. メイク落とし・洗顔は、ダブルクレンジングゲルで行いましょう
    洗浄力がマイルドなので、肌のうるおいを守れます。
  2. そして、さらにキレイづくりを一歩先に進めるなら、

  3. 2度洗いを1度洗いで済ませる工夫を行いましょう
    これは、メイク料選びの基準を見直すことでできます。

 
この2点について、詳しくお話しますね↓↓↓

実はあいまいな、メイク料選びの基準

あなたは、メイク料をどのような基準で選ばれますか?

  • 発色やカラーがいいから
  • 落ちにくいから
  • 好きな女優さんが使っているから
  • ケースがかわいいから

一般的に、メイク料は、こんな理由から選びがちです。
化粧水や乳液などの基礎化粧品に対しては、『肌質』や『肌に刺激の少ないもの』を基準に選ぶ方が多いのに対して、メイク料の選択基準を持っていない方が、実はとても多いです。

『顔につける』という点では同じ化粧品なのに、基礎化粧品の選び方ほど慎重ではないようです。

せっかく基礎化粧品は肌に合うものを選んでいても、メイク料選びの考え方が変わらなければ、どこかに無理が出てきてしまいます。実はそれが、『メイク落とし(クレンジング料)』による肌への負担です。

肌を置き去りにした『メイク落とし』選び

最近の風潮は、機能性が高いメイク料です。『長時間、崩れない』や『朝のメイクが夜まで持続』といった謳い文句をよく目にします。

化粧直しがいらない便利さは嬉しいものですが、持続性が高い=落としにくいということ。つまり、洗浄力の強いメイク落とし(クレンジング料)が必要となります。

そうです。先ほどお話した『石油系界面活性剤』を多く配合したメイク落とし(クレンジング料)です。

ここで、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。実は、石油系界面活性剤のデメリットは、肌に残りやすいことだけではありません。

同じくらい深刻な問題は、汚れと共に、肌のうるおいも落としてしまうことです。

『くっつきやすい』という性質が、メイク料や汚れだけに発揮されればいいのですが、そううまくはいきません。肌のうるおい成分にもくっついて、汚れと一緒に洗い流してしまうのです。

ですから、このタイプのメイク落とし(クレンジング料)を使えば使うほど、肌は乾燥し、肌トラブルを招きやすくなります。

つまり、基準がないままメイク料を選ぶと、メイク落とし(クレンジング料)まで、肌を無視して選ぶことになるのです。

ですから、乾燥肌や敏感肌、大人ニキビ肌が多いウキウキメイトさんには、『メイク料よりも先に、まず、肌に合うメイク落としを選ぶ』という視点を持っていただきたいのです。

具体的には、『うるおいを守るために必要な皮脂を落としすぎない』ということです。ダブルクレンジングゲルの出番ですね!

さらに、この視点で選んだメイク落としできちんと落ちるメイク料を選ぶことが、キレイ肌づくりの2つめのポイントです。

つまり、『ダブルクレンジングゲルで落とせること』を基準にメイク料を選ぶ!

しかもそれが、1度洗いで落とせるのであればなおよしです。

これまでの選択の順番
メイク料を選ぶ → 落とせるメイク落とし(クレンジング料)を選ぶ

新しい選択の順番
肌にあうメイク落とし(クレンジング料)を選ぶ → 落とせるメイク料を選ぶ

 
どうですか?

これだけでも、肌が変わる予感がしませんか?

『ダブルクレンジングゲルで落とせるメイク料』の選び方

ダブルクレンジングゲルで落とせるか?落とせないか?
1度洗いで済ませられるか?2度洗いが必要か?

これは、もちろん、商品(メイク料)によって異なります。

と同時に、肌状態によっても変わります。
同じメイク料でも、『肌がとても乾燥した状態』と『皮脂がでやすい肌状態』であれば、後者のほうが落ちやすいです。

また、顔の部位によっても異なります。
例えば、皮脂腺が少ない目元・口元は、メイクが落ちにくい部位です。

いつメイクを落とすか?にもよります。
朝メイクをして昼に落とす場合と、夜に落とす場合とでは、時間が経過している夜のほうが落ちやすいです。

このように考えると、ダブルクレンジングゲルで落とせるメイク料・落とせないメイク料、というのを一概には決められません。

また、シチュエーションによっても変わります。
平日はきっちりメイクをする方でも、土日はノーメイクという場合や、日焼け止めだけ、という場合もあると思います。こういう場合は、日によって、2度洗いか、1度洗いかを切り替えることで、その日その日の肌に合ったスキンケアを行うことができます。

ですから、ウキウキメイトの皆さまは、ぜひ、

  • ご自身の肌の特徴や状態
  • メイク料の特性
  • 毎日行っているアクシリオでのスキンケアの目的

などの知識を持ち、それを生かして、メイク料を選んだり、洗い方を調整して、肌に合ったスキンケアを行ってください。

といっても、具体的にイメージしにくいかな?と思いますので、参考までに、メイク(特にアイメイク)が好きな私の場合の調節の仕方をご紹介します^^

パウダーのアイシャドウだけでメイクした場合→ 1度洗い

ラメ入りやクリーム状のアイシャドウを使用した場合→ ダブルクレンジングゲルの量を多めにして1度洗い

ウォータープルーフ機能のあるアイライナーを使用した場合→ 2度洗い

乾燥している肌状態のときは、ダブルクレンジングゲルの量を増やし、いつもより長めになじませる1度洗い。それでも落ちていなければ2度洗い

ノーメイクの日→ 『洗顔』の洗い方で1度洗い

 
などなど。これは調節の仕方の一例です。

調節の方法は、以下のバックナンバーでもご紹介しています。ぜひ併せてご覧くださいね。

自分の肌にあった『洗う』を行えるようになると、肌への負担を極力抑えることができます。それだけで、肌の調子はグンと変わります。

肌のうるおいを守ったり、洗浄力を調整できるのは、一般的な洗顔料にはないダブルクレンジングゲルのメリットです。

ぜひこのメリットを活用して、より一層キレイな肌をつくっていきましょう!

★ダブルクレンジングゲルの使い方や特長はこちら
https://www.ukiuki-club.com/products/detail/6

最新の記事

閉じる