電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2018年02月22日

気になる『小じわ』は3ステップでバッチリ対策!その方法は?

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

ウキウキメイトからよく頂く相談のひとつに『シワ』の改善があります。

ただ、シワと言っても、実は種類があり、それによって改善方法が異なります。

例えば、『小じわ』という表現があります。

「どんなシワを『小じわ』と表現するか?」は人によってさまざまで、『小じわ』と呼んでいても、本当はそうではない場合も多々あります。

ですから、まずは『小じわ』の定義をみんなで共有しておきましょう。

『小じわ』ってどんなしわ?

『小じわ』とは、『浅いシワ』のことを指します。

「しわの長さが短い」や「しわが小さい」から、『小じわ』と呼ぶわけではありません。

長さが短く小さくても、『深いシワ』もあります。

そして、浅いシワと深いシワは、それぞれ対策が異なります。

簡単に言うと、浅いシワは、化粧品で正しくケアをすることで、目立ちにくくなったり、無くなることが期待できますが、深いシワは、化粧品だけで改善するのは難しいです。

この違いをしっかり分かったうえでケアをしないと、望む結果にたどり着けません。

もし、あなたがシワにお悩みで、「化粧品のケアで対策をしたいな」とお考えの場合には、まず、そのシワが『小じわ』なのかどうかを次の方法で確認してください。

小じわの確認方法
気になるシワの周りに軽く指をそえ、やさしく引っ張ってみてください。
引っ張ることでシワが目立たなくなれば『浅いシワ』。
無くならない場合は、『深いシワ』です。

 
気になるしわが『小じわ』だった場合は、化粧品でのケア次第で改善が十分期待できます^^

さっそくその方法を見て行きましょう!

と言いたいところですが、その前に、「なぜ小じわができているのか?」を理解しなければ、正しい対策は行えません。

先に、これを見て行きましょう。

小じわってこういうこと
肌で何が起こってる?

人の肌は、表皮・真皮・皮下組織という3つの層で成り立っています。

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

一番表面にある表皮は、さらに4つの層で構成されています。

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有きょく層
  • 基底層

一番下の【基底層】で肌細胞が生まれ、その肌細胞が、形と役割を変えながら、肌の表面へあがっていきます。そして、最終的に、角質細胞となり、外部と接する肌の表面(角質層)を形成します。

ちなみに、肌の奥で肌細胞が生まれ、最終的に角質細胞がアカとなって体外に排出されるまでを『ターンオーバー』と呼びます。

小じわとは、この一番表面にある【角質層】がうるおい不足になっていることで生じます。

『浅いシワ』と言ったのはこういう意味です。

それに対して深いシワは、角質層のさらにもっと奥にある【真皮層】にまで達しているシワを指します。

『小じわ』は改善しやすい!
その理由は?

さて、化粧品でのケアで小じわを改善できる理由は2つあります。

1)化粧品が作用する範囲で起こっているから

化粧品が届くのは、『角質層』までです。

それより下の層には、肌と体の構造上、届きません。

そのため、『深いシワ』には作用できないのですが、代わりに、『浅いシワ』には作用できるというわけです。

2)表皮はターンオーバーしているから

健康な肌の場合、肌(表皮)のターンオーバーはおおよそ28日間だと言われています。

この間に、新しく生まれた細胞と入れ替わっているのです。

つまり、きちんとケアをすることによって、変化が起こりやすいのです^^

ただ、ここで気を付けておきたいことが1点!

28日間というのは、健康な肌の場合です。

年齢を重ねることや、肌が乾燥状態にあると、ターンオーバーは滞りがちなため、実際には28日よりも長い周期であることが多いです。

ですから、「28日お手入したのに、小じわが無くならない!」というのは当然です。

ターンオーバーにかかる期間は人それぞれですので、焦らずにお手入れをすることが大切です。

そして、小じわを改善するためには、実は、もうひとつ大切なことがあります。

小じわを改善するための
お手入れ方法と大事な考え方

小じわ対策で大切なこと。

それは、【肌のターンオーバーを意識しながらケアができるかどうか】です。

ただ漫然とケアをしているのと、ここを意識しながらケアを行うのとでは、その結果に天と地ほどの差が生まれます。

『小じわ(浅いシワ)』は、肌の表面がうるおい不足になってシワができているのですから、肌表面がうるおえば、それだけでも目立ちにくくなることはよくあります。

ただ、それは一時的な効果です。

肌そのものは乾燥しやすい状態のままですから、すぐにうるおいを失い、また小じわが現れてしまいます。

これではイタチごっこですよね。

ですから、小じわを根本的に改善するためには、目標を正しく設定します。

『今ある小じわを目立たなくすること』は、本当の目標ではありません。

正しい目標は、『健やかな肌細胞で肌を構成させる』こと。

つまり、ターンオーバーによって、現在の『乾燥しやすい肌』を『うるおう肌』に一新させることです。

もちろん、これには時間がかかります。あるときを境に、パン!と肌が入れ替わるわけでもありません^^

次の3つの段階でゆっくり変わっていきます。これをしっかり理解しておきましょう。

小じわのできにくい肌へ!
健やかな肌細胞で肌を構成するための3つのステップ

【1】まずは、朝昼晩、「健やかな細胞を作りだす」気持ちで、肌にうるおいを与えます。

具体的には、乾燥や小じわが気になる箇所にアクアテクトゲルを塗り、肌が乾燥しない状態を作りましょう。

おすすめのお手入れ方法は『プラスひと塗り』です。

まず、いつものように顔全体にアクアテクトゲルを広げて、保湿します。(1回のお手入れの目安量は『ゲル計量器1個分』以上です)

顔全体がしっとり潤ったら、小ジワが気になる部分に、もう一度アクアテクトゲルを塗ります。

これだけ、です。簡単すぎますね!

でも、この『プラスひと塗り』が、小ジワ改善に大きな差を生むのです^^

うるおい不足になった箇所に、少しでも多めに、水分・油分・保湿成分を与えることで、うるおいが維持されやすくなります。

【2】このようなうるおいのある状態を24時間維持すると、次第に、ターンオーバーが適切に行われやすくなります

24時間維持させるために必要なケアは、『こまめに』うるおいを与えること。

特に、目元や口元などの角質層が薄い部位は、時間の経過とともにうるおいが失われやすいです。

ですから、一日に何度もアクアテクトゲルを塗って、うるおいを維持しましょう。

おすすめの方法は、さきほどご紹介した『プラスひと塗り』をこまめに行うことです。

「日中にアクアテクトゲルをたくさん塗るのは難しい」という場合には、量を減らしてもかまいません。

例えば、目元の小じわになら、アクアテクトゲルを指先にちょっと取るくらいの量でもOKです。

ゲルを指にとる写真目元の小じわ対策ならこれくらいの量でOK!

こんなに少量でも、塗ると塗らないとでは、その後の肌のうるおい感が大違いです。浅い小じわなら、このひと塗りで目立たなくなることもありますよ♪

目元や口元・頬など、小じわの気になる箇所にゲルを塗る写真目元や口元・頬など、小じわの気になる箇所に日中もうるおいを与えます

もちろん、たっぷり塗れる場合には、量を増やして塗ったほうが効果的です^^ 

目元や口元・頬など、小じわの気になる箇所にうるおいを与えましょう。

メイクをしている日もしていない日も、一日のうちにこまめにうるおいを補給して、24時間、うるおいのある状態を維持しましょう。

【3】2の状態を一定期間維持すると、肌を構成する肌細胞が、健やかな状態に入れ替わっていきます。

こうなれば、小じわの目立たない、いつでもプルっとうるおった肌で過ごせるようになります♪

まとめ

目標の設定を誤ると、【1】の段階でお手入れをやめてしまいがちです。

これでは、一時的な効果で終わってしまいます。

そうならないように、あなたは正しい目標設定をして、1~3のステップを進んでくださいね。

正直、アクアテクトゲルでの保湿ケアは、小じわ対策が大得意です^^

お手入れ方法は『ただ塗る』だけ♪

だからこそ、今回ご紹介した考え方が大切です。

今回のウキメルを参考に、小じわ対策を行い、肌の印象をさらにアップさせましょう♪

最新の記事

閉じる