電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2017年11月09日

「アクアテクトゲルを塗るとモロモロが出る」に隠れたキレイ肌づくり3つのヒント

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

最近、続けてこんなご質問いただきました。

アクアテクトゲルを塗ると、ピーリンゲルを使ったときみたいにモロモロした固まりが出てきます。どうしてですか?

 
こういう経験、お持ちではないでしょうか?

特に、お手入れを始めて間もない頃には、起こりやすい現象です。

そして、実は、この現象のかげには、キレイ肌になるための重要なヒントがたくさん隠れています。

ですから、

「私も、アクアテクトゲルのモロモロがでて困ってる!」
「アクアテクトゲルを使って、マッサージをしている」
「もっと、アクアテクトゲルを肌に浸透させたい」
「アクアテクトゲルを使っているけど、思うような肌の変化がない」

という方は、今日のお話が役に立つと思います。

モロモロの正体は何?

「アカですか?」
「汚れですか?」
「ほこりですか?」

などなど、いろいろなご質問をいただきますが、このモロモロの正体は『アクアテクトゲル』です。

ゲルには、『摩擦を与えると固まる』という性質があります。ピーリングゲルはこの特性を生かして、肌の表面にある古い角質細胞を取り除きます。同じゲルですので、アクアテクトゲルもこの性質を持っています。

そのため、 次の2つの条件がそろうと、モロモロが起こりやすくなります。

  1. アクアテクトゲルが肌の表面に残っている
  2. 摩擦が加わっている

心当たりはないですか?

アクアテクトゲルのモロモロが生じやすいシチュエーションごとに詳しくご説明しますね。

1.顔に広げているときに
モロモロが出てくる場合

朝晩の普段のお手入れで、アクアテクトゲルを顔に広げるとき、モロモロが出る場合があります。

これは、肌の表面に浸透する前のアクアテクトゲルがあること、そして、塗り広げる際に手と肌の間で摩擦が起こっていることが原因です。

キレイ肌づくりのヒント1
塗り方を変えたら、もっとキレイに!

摩擦を与えない塗り方にチェンジ!

まず、アクアテクトゲルの塗り方を『摩擦を与えない方法』に変えてみましょう。

アクアテクトゲルは、肌の上にのせるだけで浸透していきます

一般的なスキンケアでは、保湿化粧品を肌に浸透させるために、以下のようなさまざまなお手入れ方法が提唱されています。

  • 顔をパンパンはたくようにする(パッティングをする)
  • マッサージをする
  • 肌の奥に入るように、肌の上から押えこむ

でも、アクアテクトゲルにはどれも必要ありません

(もっと正確に言うと、アクアテクトゲル以外の化粧水や美容液の場合も、上記のようなお手入れ方法と『浸透』には何の関係もありません)

逆に、上記のようなお手入れをすると、肌には余計な刺激を与えることになります。ですから、肌が過敏な状態になっている方にはおすすめしません。

また、このように塗ると、摩擦も起こりやすくなります。その結果、アクアテクトゲルのモロモロも出やすくなります。

ですから、上記のような方法でアクアテクトゲルを塗っていらっしゃる場合には、今日からは「アクアテクトゲルを塗り広げるだけ」に変更してください。マッサージをしたり、肌を触る必要はありません。放っておくだけで、ちゃんと浸透していきます。

もし、「少しでも浸透を促したい」ということであれば、アクアテクトゲルを顔に広げた後、両手でそっと肌を覆ってください。手の平の温もりで、浸透しやすくなります。

こうすれば、モロモロが出ないことはもちろん、これまでよりも摩擦や刺激を減らすことができ、キレイ肌に近づきますよ♪

アクアテクトゲルが浸透しやすい塗り方にチェンジ!

アクアテクトゲルが十分に浸透していれば、モロモロは起こりにくいです。逆に、浸透しきらないアクアテクトゲルが肌表面にたくさんあると、そのゲルが乾き、モロモロが起こりやすくなります。

ですから、

● アクアテクトゲルがなかなか浸透しない

かつ

● モロモロが出て困っている

という場合には、

「アクアテクトゲルを小分けにして、重ね塗りをする」

という方法をお試しください。

アクアテクトゲルがなかなか浸透しないということは、今の肌状態は、肌表面が乾燥し、硬くなっていることが考えられます。

この状態で、一度にたくさんアクアテクトゲルを塗ると、浸透するまでに時間がかかります。ですから、1度に塗る量を、現在塗っている量の『半分~3分の1』に減らしてください。

こうすると、塗った分だけスムーズに浸透するため、肌表面にアクアテクトゲルが残りにくくなります。

1度塗ったアクアテクトゲルが浸透したら、小分けにしたアクアテクトゲルをもう1度塗ります。

これを繰り返して、トータルで、肌に必要とするだけたっぷりと潤いを与えましょう。
この2つの塗り方の変更で、モロモロはかなり発生しにくくなります^^

また、あとで詳しくお話しますが、モロモロは肌の改善と共に発生しにくくなります。今は少し不便かもしれませんが、この対策でモロモロを回避していただければと思います。

2.メイクをしているときに
モロモロが出てくる場合

この場合も、肌の表面にアクアテクトゲルが残っていることと、摩擦が発生していることが原因です。さらに、ファンデーションなどのメイク料がアクアテクトゲルと混ざり、余計にかたまりになっている可能性もあります。

まずは、先ほどお話した「アクアテクトゲルを浸透しやすい塗り方」をしてください。アクアテクトゲルがきちんと浸透すれば、メイクを行ってもモロモロは出にくいです。

それでもモロモロが出る場合は、次のように、メイクの方法を見直すことをおすすめします。

キレイ肌づくりのヒント2
摩擦を起こさないメイク方法で、もっとキレイに!

  • ファンデーションを塗るとき
  • チークやアイシャドウを使うとき

どんなときも、「肌の表面をこする」という動作を控えてみてください。

例えば、ファンデーションを塗るときのパフや手を、肌表面にすべらせるようにすると摩擦が生じます。その代わりに、パフや手を、上下に動かしてみてください。トントントンと軽くたたくイメージです。

こうすると、摩擦が起こりにくくなります。

摩擦を起こさないメイクの方法は、以下の記事も参考にしてください。

もし、メイクや化粧直しの途中で、モロモロが出てきてしまったら、次の方法でキレイに取り除けます↓↓↓

肌についたモロモロをキレイに取る方法

モロモロを取るために肌の表面をこすると、摩擦が起こり、さらにモロモロが出てしまいます。

ですから、モロモロを見つけても、慌ててこすらないようにしてください^^

落ち着いて、ティッシュペーパーを一枚、用意します。

このティッシュペーパーを、モロモロが出ている肌の表面にそっと押し当てます。

そして、ティッシュペーパーの端から、ゆ~っくりはがします。一気にはがすのではなくて、少しずつめくっていくようなイメージです。

こうすると、ティッシュペーパーの繊維にモロモロがひっかかって、けっこうキレイに取ることができます。

ぜひお試しくださいね。

3.マッサージ目的でアクアテクトゲルを使っているときにモロモロが出る場合


十分な量のアクアテクトゲルが肌の上にある場合、ゲルはクッションの役割を果たします。ですから、ゲルはマッサージの潤滑剤として適しています。

つまり、たっぷりのアクアテクトゲルを顔に塗ってマッサージをすると、摩擦が軽減され、手や指の滑りが良くなるため、肌への負担を抑えることができるんですね。

ただ、そうやってマッサージをしている間にも、アクアテクトゲルは肌に浸透していきます。また同時に、空気中にアクアテクトゲルの水分が蒸発していきます。

ですから、たっぷりアクアテクトゲルを塗ってマッサージを始めても、時間が立つと、肌の表面のアクアテクトゲルが少なくなり、摩擦が起こり、その結果、モロモロが出てくることがあります。

この場合は、マッサージの途中で、指の滑りが悪くなってきたらアクアテクトゲルを足すようにしてください。

キレイのヒント3
ダブルクレンジングゲルではマッサージをしない

「ゲルがマッサージに適している」と言っても、ダブルクレンジングゲルで長時間マッサージを行うことはやめてください。

ダブルクレンジングゲルは、一般のクレンジング剤や洗顔料よりは洗浄力がマイルドですが、肌にのせておけばおくほど肌の保湿成分(皮脂)を取り除いてしまいます

ですから、ダブルクレンジングゲルで長時間のマッサージは行わないでください。

長くマッサージをしたからといって、肌の汚れや毛穴の黒ずみが落ちやすくなるわけではありません。それよりも、そのマッサージによって肌が受けるダメージのほうが大きいです。

  • 毎日のメイク落とし・洗顔を、正しく行う
  • 必要に応じて、ダブルクレンジングゲルパックを行う

肌の汚れや毛穴の黒ずみに対するダブルクレンジングゲルでのお手入れはこの2つで十分ですよ^^

ところで、マッサージでキレイ肌になれるのでしょうか?

上記のような理由から、マッサージをするならアクアテクトゲルを使用していただきたいのですが、ここでもひとつ注意点があります。

「マッサージを何のために行うのか?」という点です。

つまり、マッサージの目的ですね。

この目的によっては、アクアテクトゲルをご使用いただくことで期待するマッサージ効果を得ていただくこともできますし、逆に、間違ったお手入れをしてしまって、肌にダメージを与える結果にもつながります

マッサージって、スキンケア方法としては一般的ですし、とても良いことのように思えますが、実は、『誤解』や『間違い』が多いものなんです・・・。

詳しくは、過去のウキメルで詳しくお話しました。
以下のバックナンバーをご覧くださいね。

ウキウキメイトの皆さまには、もちろん、こちらの『ウキウキメイト流マッサージ』をおすすめします♪

まとめ

モロモロが出るのは困りますが、アクアテクトゲルをたっぷり塗って保湿をするのは、肌にとっては間違いなくプラスです。

そもそも、モロモロが出やすいのは、あくまでも『今の肌状態』だから

アクアテクトゲルでたっぷり潤いを与え、肌が保湿されている状態を維持していけば、肌は次第に潤い、柔らかくなります。

こうなれば、アクアテクトゲルはスムーズに浸透するので、モロモロが発生にしくくなりますよ♪

モロモロの悩みを解消するためにも、よりキレイな肌を作るためにも、「しっかりたっぷり」の保湿ケアを続けていきましょう!

モロモロに限らず、

「もっと保湿をしたいけど、うまくできなくて困っている」

「私の生活スタイルにあった保湿方法を知りたい!」

など、お困りのことがあれば、いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

乾燥の季節に向けた万全のお手入れ方法を、一緒に見つけていきましょう!

最新の記事

閉じる