電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2017年03月23日

「アクシリオで毛穴対策はできますか?」

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。
最近『毛穴の目立ち』に関するお問い合わせをいくつか伺いました。
ひとことに『毛穴の目立ち』といっても、

  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴に詰まった白いカタマリ

など、さまざまあります。

どの悩みに対しても、アクシリオの保湿ケアでばっちり対策がとれます♪

これまで、たくさんのウキウキメイトの皆さまに、毛穴対策を行っていただきました。その結果を踏まえると、『毛穴の目立ち』は、シミやシワ等と比べ、かなり改善しやすい肌トラブルだと思います。

ただ、なんと言っても、毛穴ケアには『誤解が多い』!そのせいで、長年、毛穴の目立ちに悩んでいる方が多いように思います。なので、ウキメルでは、こういう誤解を解きながら、正しい毛穴ケアをお伝えしたいと思います!

目指すは、毛穴の目立たないツルンとした肌♪
まず、解いておきたい誤解はこちらです↓↓↓

毛穴は、『穴』じゃなかった
黒ずみや開き、白いカタマリを起こさないためには、毛穴のことをよ~く知っておく必要があります。必ず押さえておきたいのが、『毛穴』の実態です。『毛の生えた穴』という答えが返ってきそうですが、残念!

実は、毛穴は、『穴』ではありません。

いつも見ているあの『毛穴』は
『毛穴』という言葉が広く使われていますが、専門的には『毛孔(もうこう)』と呼びます。皮膚に穴が開いているわけではなく、皮膚の『皮溝(ひこう)』と『皮溝』が交わった『くぼみ』のことを指します。もう少しくわしくお話しますね^^

手の甲をじーっと見てみてください。細かいミゾが見えますよね。これが『皮溝(ひこう)』です。この皮溝で区切られた三角形や四角形の部分を『皮丘(ひきゅう)』と呼びます。(いわゆる『キメ』です)『丘』というくらいですから、こんもり盛り上がっています。その分、丘と丘の間のミゾは、くぼんで見えます。そのくぼみが『毛孔』=『毛穴』です。

▼毛穴は、肌の上にできたくぼみ(イメージ図)
 毛穴の目立ち毛穴イラスト

イメージしていただけたでしょうか?

「毛穴は、肌にポツポツあいた穴で、この穴が大きくなったり、小さくなったりして、目立っている・・・」と考えがちです。確かに、毛穴は肌の内側に繋がっているので、穴と考えると分かりやすいです。でも、実際に私たちが、
「毛穴が開いた・・・」
「毛穴の黒ずみが・・・」
と言って、問題にしている『あの毛穴』は、実は、肌の上にできた『くぼみ』のことなのです。いかがでしょうか?これまでの『毛穴』のイメージと同じだったでしょうか?

『毛穴は、肌の上のくぼみ』

このことを理解しているかどうかで、毛穴問題の解決が一気に早まります!しっかり覚えておいてくださいね^^

毛穴の目立たない肌は、健康な肌
では、なぜ、くぼみは広がるのでしょうか?
一言で言うと、肌細胞が健康ではないからです。肌(角質層)は、無数の角質細胞で構成されています。毛穴の周りの肌も、もちろん角質細胞でできています。この角質細胞が、水分をたっぷり含んだ健康な状態なら、細胞同士がぴったりと整列し、肌全体がふっくらと膨らみます。

毛穴の目立たないツルン♪とした肌です。

逆に、水分不足で未熟な状態なら、大きさも形も不ぞろいな角質細胞で肌が構成されます。その結果、毛穴の周りの肌は痩せてしまい、その分、くぼみが目立ってしまうのです。
パンパンに膨らんだ風船と、空気が抜けて縮んだ風船を想像していただくといいと思います↓↓↓

▼毛穴と水分の関係(イメージ図)
 水分と毛穴
水分と毛穴
このように、毛穴の周りの肌がふっくらしているのか、しぼんでしまっているのかによって、毛穴が目立つかどうかが決まります。毛穴のトラブルというと、毛穴の『開き』のほかにも、『黒ずみ』や『詰まり』などもありますよね。どの場合にも、これが当てはまります。

ですから、どんなかたちであれ、毛穴が気になる全てのウキウキメイトさんに行っていただきたいお手入れは、『毛穴の周りの肌をふっくらさせること』なのです。

毛穴の周りの肌を『ふっくら』させるには?
要は、健康な肌をつくるということです。ですから、

  • 栄養バランスの良い食事をとる
  • 質の良い睡眠をとる
  • 血行不良を解消する

といった、体の内側からのケアが大前提です。

これは毛穴対策に限らず、キレイ肌作りに欠かせないことですので、できるところから、取り組んでいきましょう^^これらに加えて、化粧品で行える対策は、やっぱり『保湿』です。

毛穴対策は保湿から!
ご存知の通り、肌は生まれ変わり(ターンオーバー)を行っています。この生まれ変わりの過程で、肌の奥(基底層)で生まれた肌細胞は、徐々に肌表面に押し上げられます。押し上げられた肌細胞が最後にたどり着くのが、肌の一番表の層・角質層です。ここが、私たちが普段目にしている『肌』です。

化粧品が与える水分・油分・保湿成分は、この角質層に作用します。ですから、しっかりと保湿をすることで、角質層の肌をふっくらさせることができます。毛穴の目立つ箇所には、他の部分よりも念入りにアクアテクトゲルを塗って保湿を行いましょう。

ポイントは、『焦らないこと』
肌は、健康な状態で、28日周期で生まれ変わります。今日の肌と、明日の肌は、違う肌細胞で構成されているのです。ですから、アクアテクトゲルを1度塗って、肌が変わることはありません。

  • 体の内側から健康な肌細胞を生み出すこと(生活習慣)
  • 失われていく水分を体の外側から補うこと(保湿)

この両方を続けることで、少しずつ肌全体の水分量が上がり、次第に、ふっくらとした肌細胞で肌が構成されるようになるのです。

「いつまでたっても毛穴の目立ちがなくならない~!」と焦ってしまうかもしれませんが、そこはぐっとガマンです。根気よくアクアテクトゲルでお手入れを続けていきましょう。
そうすれば、ある日ふと、「あれ、最近毛穴が気になってないな!」とびっくりしますよ。

最新の記事

閉じる