電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2017年03月09日

弱った肌をいたわるひと工夫♪
春の敏感肌ケア5つのポイント

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。
前回のウキメルをご覧になったウキウキメイトさんから、

「そういえば、最近、特に肌が乾燥する」
「今の時季は、どうしても肌が敏感になってしまう」

といった感想をいただきました。やはり、今の時季、肌の不調が感じられやすくなっているようですね。今回は、そんな乾燥肌・敏感肌さんへのスキンケアアドバイスです。いつものお手入れに『一工夫』することで、不安定な肌状態を整えやすくなります。
さっそくご案内しますね↓↓↓

1.外出から帰ったら、すぐ洗顔
春の敏感肌の原因のひとつは、空気中にただようさまざまな刺激物。一歩外へ出れば、顔にはさまざまな刺激物が付着します。長く肌に置いておくほど肌への負担は高まります。ですから、外出先から帰ったら、すぐ洗顔!
メイク落としや洗顔をして、肌に付着した刺激物をやさしく落としましょう。

    ★ ワンポイントアドバイス
    顔が乾燥する・ヒリヒリ刺激を感じるという場合、ダブルクレンジングゲルの使用量を、いつもの1.5~2倍に増やしてみてください。

    肌が乾燥していると、ダブルクレンジングゲルの水分が肌に浸透し、手が肌の上をすべらなくなることがあります。こうなると、メイクや顔についた汚れも落ちにくくなり、摩擦も起きやすくなります。ですから、ダブルクレンジングゲルを少し多めに
    こうすると、汚れもきちんと落ちますし、ぷるぷるのゲルが、手と肌の間で起こる摩擦を吸収してくれます。ヒリヒリ敏感になった肌もやさしく洗えますよ♪

2.『何もしない』
『ゆらぎ肌』に限らず、いつもより肌の調子が悪くなると、何か特別なスキンケアをしたほうが良いように思うかもしれません。例えば、美容液や美容クリーム、美容成分のたっぷり配合されたパックなどなど。ただ、前回お話したように、『ゆらぎ肌』は、肌が乾燥してとても敏感になった状態です。

このようなときは、化粧品が刺激になることも多いです。美容成分の中には、肌に刺激を与えるものもあります。健康な肌状態なら問題なくても、乾燥肌・敏感肌にとっては、赤みやかゆみ・かぶれなどの肌トラブルを招いてしまうこともあります。

こうなると、ただでさえ敏感な肌状態を余計に悪化させてしまうかもしれません。

過敏になった肌が落ちつくまでは特別なケアを避け、基本の保湿ケアでシンプルに、肌状態を整えていきましょう

3.丁寧に保湿をする
タッピングやマッサージをしなくても、顔に広げるだけで保湿できるのが、アクアテクトゲルの便利なところ♪ 忙しい毎日の中で、このお手軽さは私も大助かりです。だから正直、「えいや!」と勢いよくゲルを塗って、お手入れ終了、とすることもあります^^;
でも、いつもより肌が不調なときは、少しだけ丁寧な保湿をおすすめします。

  • 先日ご紹介した『できるだけ肌に触れない』方法でアクアテクトゲルを塗ってみる
  • 日中にもこまめに保湿をしてみる
  • お風呂でのアクアテクトゲルパックや、眠っているときに行うスリーピングパックを集中的にやってみる

などなど。

「ちょっとだけ面倒」「ちょっとだけ手間」と思うことが、保湿効果を何倍にもすることがあります。「ちょっと」のわりに、大きな結果につながりますので、かなりお得なお手入れ方法だと思います^^ぜひお試しください♪

2つのパックの方法をご案内いたしますね↓↓↓

お風呂でしっかり保湿・アクアテクトゲルパック
アクアテクトゲルパックの方法

1. メイク落とし&洗顔を終えた後、さくらんぼ4個程度のアクアテクトゲルを顔にぬります 。
厚みがあるくらいでOKです。乾燥や敏感肌が気になる部位には多めに。

2.フェイスシートを顔にのせます

※フェイスシートがないときは、ラップでもOKです。顔全体にラップをのせるときは、鼻と口の部分は切り取って、空気穴をあけてくださいね。

3.湯船につかって、20~30分リラックスタイムを楽しみます。

    ※半身浴をするときの注意点

  • 37~38℃程度のぬるめのお湯で行いましょう
  • 体調の悪いときは、お控えください
  • 寒いときは上半身に乾いたタオルをかける等してください
  • 心臓疾患等ある方は、医師と相談して行ってください

4.顔をすすいで、アクアテクトゲルを洗い流しましょう
最後に、いつものようにアクアテクトゲルを塗って、終わり♪

湯船にゆっくり浸かってあたたまると、体はリラックス状態になります。また、湿度が高い浴室は、水分が蒸発しにくいので、パックには最適。いつも以上にアクアテクトゲルを肌に浸透させることができます♪

もう少し手軽にできるのが『スリーピングパック』です↓↓↓

眠りながらしっかり保湿・ スリーピングパック

スリーピングパックーイラスト

1.一日の最後に、メイク落とし・洗顔を終えます

2.眠る前に、たっぷりのアクアテクトゲルを顔に塗ります
目安量は、ゲル計量器ではかるさくらんぼ2~3個分。顔全体でもいいですし、肌トラブルが気になる箇所だけでもOK。厚みがあるくらい塗ります。

3.そのまま朝までお休みください
たっぷりのアクアテクトゲルを塗っておくと、肌の表面に残っているアクアテクトゲルが、眠っている間にじっくり肌に浸透していきます。つまり、目が覚めるまでず~っと肌に潤いを与え続けてくれるのです。塗って眠るだけのおどろきのカンタンさですが、保湿効果はかなり高いです。

今の時季、日中はどうしても、空気の乾燥やホコリ・花粉・紫外線などの過酷な環境で過ごさざるを得ません。眠っている間に、疲れた肌を集中的にいたわりましょう♪

    ★ ワンポイントアドバイス
    「布団や枕にアクアテクトゲルがついてしまうんじゃないかな・・・」と心配な場合は、大きめのタオルを枕の上に敷いたり、首周りに挟んでおやすみください。寝具の汚れを防ぐことができますよ^^

4.日焼止めを毎日塗って、紫外線を防ぐ
雨や曇りの日でも紫外線は降り注いでます!ですから、紫外線対策は万全に!まず、日焼止めは毎日塗りましょう。といっても、SPF値が高いものは必要ありません。SPF30前後で十分です。それ以上高くなると、肌への負担が大きくなります。敏感な現在の肌状態にはおすすめしません。

また、日傘やサングラス、帽子など、物理的な方法で日差しを避けることも併せて行い、肌を守りましょう。

「肌に合う日焼け止めがなかなかない」とお困りの場合は、ぜひ一度『やさしいUVカットミルク』をお試しください。乾燥肌・敏感肌のウキウキメイトの声から生まれた日焼け止めですので、ご使用いただける可能性が高いと思います^^

5.栄養バランスのとれた食事・質の良い睡眠をとる
肌を作るのは身体です。健康な肌は、規則正しい生活から。
実は、肌トラブルの多くは、化粧品や紫外線カットによるスキンケアだけでは解決しないことが多いです。生活習慣や、女性の場合はホルモンバランスの乱れが、肌の調子を左右しています。こうした体の内面からのスキンケアは、とっても大切。できることから、食事や睡眠などの生活習慣を見直してみるのもおすすめです。

まとめ
このようにして、肌にやさしく、しっかりと肌を潤し、バリア機能を高めること!
これが、春に起こりやすい不安定な肌状態を克服する方法です。どれも、いつものスキンケアの延長でできることばかりだと思います。

ぜひ毎日のお手入れに取り入れて、健やかな肌作りにお役立てください。

最新の記事

閉じる