電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2017年03月02日

肌の『ゆらぎ』を感じていませんか?

こんにちは!アースケアの下田梨絵です。

毎年、この時季になると、インターネットや美容雑誌で、特別なキーワードを見けるようになります。それが『ゆらぎ肌』。どこかで見たことはありませんか?調べてみると、次のような状態のことを『ゆらぎ肌』と呼ぶそうです。

ゆらぎ肌=季節の変わり目や、急激な気温差によって、敏感になった肌
具体的には・・・例えば、最近、次のような肌トラブルでお悩みではないでしょうか?

  • 肌がガサガサして硬くなった
  • メイクのノリが悪い
  • いつもできないところにニキビができた
  • 皮脂のテカリが気になるけど、顔はつっぱっている
  • 髪の毛が触れるだけで、顔がかゆい

こういう場合は、『ゆらぎ肌』になっているかもしれません。
冬から春に向かうこの時季を、安定した肌で過ごすために、今回は『ゆらぎ肌』について考えてみましょう。

何が『ゆらぎ肌』をつくるのか?

『ゆらぎ肌』を作るひとつの原因は、この時季、肌への負担が一気に増えることです。順に見ていきましょう。

肌への負担【1】気温差
このように気温差が激しいと、知らず知らずのうちに体に疲れがたまります。肌は体の一部ですので、体力の低下や不調は、肌にも現れやすいです。その結果、肌のバリア機能が弱まり、ちょっとした刺激にも肌が過敏に反応してしまうことがあります。

肌への負担【2】空気の乾燥
ちょっと意外なことですが、実は、春は冬以上に空気が乾燥する季節です。

ところが、少し寒さがゆるんでくると、私たちの気持ちもゆるみます。そして、真冬の間、肌が必要とする使用量を探したり、肌の乾燥状態をこまめにチェックしたりして、一生懸命に保湿をしていたのに、いつのまにかその保湿の手をゆるめてしまうんですよね^^;実は、冬より乾燥しやすいのに!

こんなちょっとした油断が重なって、春に肌が一気に乾燥してしまうことがあります。もちろん、乾燥した肌は敏感になり、肌トラブルを招きやすくなります。

肌への負担【3】紫外線量の増加
紫外線!実は、もうとっくに注意が必要です!

▼これは昨年1年間の紫外線の強さを表した気象庁のグラフです。
紫外線量の年間推移
参照元:http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html

3月はまだかろうじて【中程度】ですが、4月・5月と進むにつれて、【強い】日が増えていきます。地域によっては、【非常に強い】という表示もあります。この【強い】や【非常に強い】がどれくらいの紫外線なのかというと・・・↓↓↓

  • 強い
  • 日中はできるだけ日陰を利用しましょう。
    できるだけ、日焼け止め・長袖シャツ・帽子を利用しましょう。

  • 非常に強い
  • 日中の外出はできるだけ控えましょう。
    必ず、日焼け止め・長袖シャツ・帽子を利用しましょう。

これくらいです。

この【非常に強い】や【強い】という表現は、世界保健機構(WHO)が推奨している『UVインデックス』という指標で、人体に影響を及ぼす紫外線の強さを、分かりやすく表したものです。

このUVインデックスでも分かるように、春になると紫外線が一気に強くなります。紫外線は、あらゆる肌トラブルの元。素肌をさらせば、日焼けシミを招くだけでなく、ニキビを悪化させたり、肌を乾燥させたり、敏感にさせることになります。

肌への負担【4】空気中の刺激物の増加
さらに、この時季に無視できないのが、花粉黄砂、それに、最近ではPM2.5といった空気中の刺激物の問題です。目に見えず、意識をしていなくても、これらは肌に付着します。そして、肌を刺激し、かゆみや赤み、炎症などの肌トラブルを招きます。

肌への負担【5】環境の変化による精神的なストレス
また、意外なところでは、精神的ストレス。これも、この時季の肌トラブルの原因のひとつです。4月になると、生活環境がガラリと変わることが多いです。新しい職場や仕事、学校、人間関係。

『ストレス』というと、『嫌なこと』や『マイナス』の印象がありますが、そうではありません。自分にとって新しいこと、刺激となることも、ストレスの一種です。ですから、楽しくて、やる気に満ちあふれていたとしても、知らず知らずのうちに、ストレスを感じていることがあります。

もちろん、適度なストレスは人生のスパイス。むしろ、私たちの生活には必要なものなのですが、このストレスのバランスがちょっと崩れることで、肌の不調となって現れることがあります。

もし、肌の『ゆらぎ』を感じたら
いかがでしょうか?
このように、この時季には、肌を不安定にする要素がいくつも重なってしまいます。だから、『ゆらぎ肌』になってしまうんですね。

さて、ここまでで、「そうか、私は『ゆらぎ肌』なんだ!」と、思われた方も、「『ゆらぎ肌』にならないように気を付けよう」と思われた方も、もしかすると、もう、気がついていらっしゃるかもしれません。そうです。

実は、『ゆらぎ肌』って、結局、『乾燥肌・敏感肌』のことなんですよね。

だから、もし「ゆらぎ肌かも!」と思っても、焦る必要はありません。毎日、アクシリオで、乾燥肌・敏感肌用のスキンケアをしていらっしゃいますから ♪ ただ、それでも肌の調子が良くない場合には、この時季用に、いつものスキンケアを少しだけ調節することをおすすめします。次回、詳しくご案内しますね。

最新の記事

閉じる