電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2017年01月19日

メイク落としは2度洗い?1度洗い?

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

今回も、基本のスキンケアである『メイク落とし』と『洗顔』の見直しを行っていきましょう♪まずは、前回お話した基本をおさらいです。

ダブルクレンジングゲル
基本の使い方

(1)マイルドな洗浄力をそのまま生かす洗い方(メイク落とし)

  • 使用量:『ゲル計量器』でさくらんぼ1個分
  • 使用方法:顔も手も濡らさずに使う

(2)洗浄力をさらに和らげる洗い方(洗顔)

  • 使用量:『ゲル計量器』でさくらんぼ半分
  • 使用方法:ダブルクレンジングゲルと同量の水を混ぜて使う
ポイント

  • 『使用量』と『水の量』で、洗浄力を調節する
  • 肌状態・メイクの有無・メイクの程度によって、(1)と(2)を組み合わせる
  •  

    基本の組み合わせ
    2度洗いか?1度洗いか?の見極めの目安一覧
    『基本の使い方』と『基本の組み合わせ』、覚えていただけたでしょうか?これを踏まえて、今回は『メイク落とし』と『洗顔』の大切な考え方についてお話しようと思います。

    メイク落としは、2度?1度?
    これまで、メイクをしている場合は『2度洗い』を基本にお手入れを行っていただくことが多かったと思います。個別にご相談をいただいた場合は別として、私たちも、『誰でもメイクをきちんと落とせる基本の方法』として、2度洗いをおすすめしてきました。

    これには、次の2つの理由があります。

    • ウキウキメイトの多くは、肌が乾燥している

    乾燥している肌は、メイクが落ちにくいです。

    • 紫外線カット成分やウォータープルーフ機能のついたベースメイクが多い

    どちらも肌に残りやすく、かつ、残ると刺激になることがあるため、しっかり落とす必要があります。

    『洗浄力がマイルドであること』『弾力があるため摩擦を与えにくいこと』というダブルクレンジングゲルの特徴があるので、この方法で、肌にやさしくメイク落としを行えます。

    今後も、『2度洗い』は基本、と考えてください。

    ただ、ご存知の方も多いと思いますが、 肌状態・メイクの程度によっては、1度洗いで落とせる場合があります。これには、最近のメイク料の変化が影響しています。

    メイクアップ化粧品の世界は、基礎化粧品の世界以上に、移り変わりが激しいです。特にこの数年は、

    • お湯で落ちることを謳ったファンデーションやアイメイク料
    • 軽い付きを謳ったミネラルファンデーション
    • 1本でベースメイクが完了するBBクリームやCCクリーム
    • 紫外線カット成分が配合されたファンデーション

    など、使い勝手を重視した『機能性』の高い商品が増えてきました。

    新しい成分や製造技術の向上など、さまざまな努力がなされた結果ですね。でも、その結果、ある意味、メイクアップ化粧品はとても複雑なものになりました。

    原料を見ただけでは、どのような機能を持つものなのか分かりにくくなり、薄付きでも落ちにくいもの、逆に、汗や皮脂に強くても石けんや洗顔フォームで落ちるもの、など、さまざまです。ウキウキメイトが使用されているメイク料もレパートリーが増え、2度洗いが必要な場合も多い反面、1度洗いで落とせるものも増えてきたように感じます。

    もし、メイク落としが1度洗いで済めば、肌への負担をさらに軽くすることができます。そこで、2度洗いを基本としつつ、「さらにキレイ肌になりたい!」という方には、ぜひ、『メイク落としの回数』と『洗浄力』を調節することに挑戦していただきたいなと思います。

    ただし。
    これをするには、『肌にあわせた判断』が必要です。

    『肌にあわせた判断』とは?

    「1度洗いでも落ちる場合がある」と聞いて、「私は軽いメイクだから、1度洗いでいいだろう」と、思われる方も多いと思います。

    確かに、

    「軽いメイクをしているから、1度洗い」
    「私は乾燥肌じゃないから、1度洗い」

    というように、簡単に分けてしまえればラクなんですけどね^^;

    実際には、このような画一的な考え方では、適切な判断は行えません。かえって、肌トラブルを招くおそれもあります。というのは、「1度洗いで良いか、2度洗いで良いか」は、様々な要素によって変わるからです。

    例えば・・・

    やさしいUVカットミルク
    ウォータープルーフ機能を使用しているため、落ちにくいです。そのため、2度洗いが基本です。ただし、「汗や皮脂がたくさん出た」という場合は、1度洗いで落ちることがあります。

     

    軽い付け心地のミネラルパウダーファンデーション
    1度洗いで落ちることが多いです。ただし、「肌が乾燥していて、肌表面がゴワゴワしている」という場合には、2度洗いが必要なことが多いです。

     

    いつも1度洗いで落ちるアイライナー
    ただし、「メイクを塗ってから数時間しか経過していない」という場合は、1度洗いでは落ちません。2度洗いが必要です。

     
    また、先ほどお話したように、一言に『ミネラルファンデーション』や『薄づき』と言っても「落ちる・落ちない」は商品によって様々です。つまり、「1度洗いでよいのか、2度洗いでよいのか?」は、使うメイク料や人によって変わります。さらに、同じ人でも、肌状態やメイクの程度、メイクをしてからの時間や部位などによって、毎回異なるのです。

    次のような例もあります。

    実は私、この冬の2ヶ月間、テストとして、いわゆる『肌断食』を行っていました。アクアテクトゲルはもちろん、スキンケア用品を一切塗らず、保湿ケアをせずに過ごしたのです。肌断食実施中の後半は、いつもと比べるとかなり肌が乾燥していました。

    このとき、やさしいUVカットミルクは、『メイク落とし』を2度行わないと落ちませんでした。それだけ肌が乾燥して、メイクが落ちにくくなっていたのです。(肌断食をやってみて、いろいろな発見がありましたので、こちらはまた別の機会にレポートしますね♪)

    『メイク落とし』を2度する、という洗い方は、基本のお手入れ方法から考えるとイレギュラーですよね。では、私が、なぜ『メイク落とし』を2度行おうと思ったのか?というと、

    • 自分のそのときの肌状態
    • ダブルクレンジングゲルの洗浄力を調節する方法

    の2つを知っていたからです。その結果、「『メイク落とし』を2回行おう」と判断しました。この判断を、ウキウキメイトの皆さまにも、ぜひ行っていただきたいのです。

    判断することの大切さ
    「なんだか難しそうだなぁ」
    「今まで通りの洗い方じゃなダメなの?面倒だわ」 と思われるかもしれません^^;
    実際、「面倒なことを言っているなぁ」と私も思います。

    これからまだいろいろお話するので、それらをご覧いただいて、「面倒なことはいいから、とにかくシンプルに使いたい!」と思われたら、これまで通り『メイク落としは2度洗い』でOKです。もちろん、この方法で、キレイ肌づくりはできます♪

    そのうえで・・・

    ここからは、「このメルマガをここまでご覧くださっているウキウキメイトさんなら許していただけるかもしれない」と覚悟を決めて、正直にお話しさせていただきます。
    ご存知かもしれませんが・・・すみません、アースケアは面倒な化粧品会社です。

    どんな物事も、「Aの場合は1の方法」「Bの場合は2の方法」というふうにパターンに分けると、理解しやすく、実行もしやすいです。メイク落としの話にあてはめると、「日焼け止めを使ったら2度洗い」「パウダーファンデーションなら1度洗い」というふうに。

    アースケアからも、こんなふうに案内されたら、分かりやすいですよね。自分に当てはめて、今晩からすぐにお手入れができると思います。でも、肌というのは、一定ではありません。人によって肌質は異なりますし、同じ人でも、体調・環境・ホルモンバランス等によって、日々変わります。

    Aさんにとってベストなお手入れ方法が、Bさんにあてはまらないことなんて当たり前です。むしろ、100人いれば100通り、ベストなお手入れ方法は異なります。さらに、そのお手入れ方法も、年齢やライフスタイルによって変化する可能性があります。

    つまり、本来、スキンケアはパターンに分けることができないのです。

    私たちが、メルマガや手作り新聞等で、常に「ご相談ください」とご案内するのもこのためです。多くの方に向けて発信する情報(ある意味のパターン化)では、当てはまらない場合も必ず起こります。ですから、できるだけ個別にお話を伺って、その方の肌に合ったアドバイスを差し上げています。

    でも、そのアドバイスも、選択肢のひとつでしかありません。さまざまな情報や選択肢の中から、何を、どう行うかは、本人にしか決められないからです。

    • スキンケアはパターン化できない
    • 物事を行うかどうかを決めるのは常に自分

     
    この事実を考えると、「ベストなスキンケアを行うにはどうすればよいのか?」が見えてきます。それは、スキンケアを行う一人一人が、自分で判断して、選択して、行動することです。

    メイク落としの話にあてはめると、肌状態やメイクの程度などから判断して、「今日は2度洗いにしよう」「今日は1度洗いのほうがよいだろう」と、都度都度、洗い方を選択し、メイク落としを行うことです。

    「Aの場合は、2度洗い」「Bの場合は、1度洗い」とパッキリ分かれている場合と比べると、いちいち考えなければいけないのは面倒だし、難しく感じられるかもしれません。でも、この判断ができるようになれば、さらにキレイ肌に近づくことができます。また、自分で判断して・選択して・行動することは、アクシリオのお手入れ以外にも大いに役立ちます。

    例えば、

    • 自分に必要なスキンケアが判断できる
    • CMや広告の言葉に惑わされなくなる
    • 自分で選択しているから、「ガッカリ」することがなくなる
    • 迷ったり、間違ったときも、また選択をし直せる

     
    こんなふうに、日常的にメリットがあります。
    ですから、キレイ肌を目指すウキウキメイトの皆さまには、ぜひ、ご自身でベストなスキンケアを見つけていただきたいのです。

    一見「分かりにくい」ことに、隠れたメリットが
    たぶん、こんなことを普通の化粧品会社は言いません。というか、言えません。

    「自分で判断する」なんていうあいまいな案内では、お客様がどうすればいいか分からなくて困ってしまうからです。

    だから、「Aの場合は、1の方法」「Bの場合は、2の方法」というパターンでお伝えすることがほとんどです。

    もし、ウキウキメイトの皆さまが、こういう分かりやすさを求めるお客様なら、私たちもそう案内すると思います。でも、実際は、違うと思うのです。

    ほとんどのウキウキメイトの皆さまは、オシャレさゼロの、文字だらけの怪しいホームページでアースケアのことを知り、アクシリオでのお手入れを始めてくださいました。

    届いた『お試しセット』にも、たくさん文章が書いてあって、それを読んでくださり、今も、スキンケアについてのメルマガだとは思えないような長~いややこしい話にお付き合いくださっています。

    正直、世の中の多くの人は、アースケアのホームページにもメルマガにも、そんなに興味を持てません。

    世にスキンケアに興味がある人は多いですが、そのほとんどは、もっと、イラストや写真でバーンと分かりやすく説明された(つまり、パターン化された)説明で満足されると思います。

    でも、ウキウキメイトの皆さまは、たぶん、それでは物足りなく感じられると思います。色々な疑問が湧いたり、「もっと詳しく知りたい」と思ってしまうと思います。

    疑問を持つということは、自分で考えているということです。もっと詳しく知りたいと思うことは、きちんと納得したいということです。

    つまり、ウキウキメイトの皆さまは、そもそも、自分で考え、判断して、選択したいと思っていらっしゃるのではないか、と思うのです。

    そして、私たちも、そんなウキウキメイトの皆さまとお付き合いできることを、とても誇らしく思っています。

    だからこそ、(ちょっとややこしそうではあるのですが)、ご自身の判断で、『メイク落としの回数』と『洗浄力』を調節することに、ぜひ挑戦いただきたいなと思います。

    私たちは、そのための判断材料をお届けしていきます。

    基本となるのは、冒頭でお話した『基本の使い方』『基本の組み合わせ』です。

    前回ご紹介した『見分け方』のテストを行っていただくと、2度洗いか、1度洗いかを判断できると思います。そのうえで、日々の判断を行うためには、自分の肌の構造や特徴などを知ることが大切です。こうした知識が、判断基準になっていきます。

    実は、これまでもウキメルや手作り新聞で、この基準となるお話はたくさんしています。ですから、すでにご自身の判断で、メイク落としの回数を調節しているウキウキメイトさんも多くいらっしゃいます^^決して難しいことではありませんので、少しずつ知識を蓄えながら、スキンケアに生かしていただければと思います。

    もちろん、私たちスキンケアアドバイザーもどんどん活用してくださいね!

    メイク落としはもちろん、日々のスキンケアで気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。ベストなお手入れを考えるお手伝いをいたします。ということで、今回は、ちょっと踏み込んだお話をさせていただきました。

    次回も引き続き、メイク落としと洗顔についてお話していきます。ダブルクレンジングゲルを使いこなして、キレイ肌を目指しましょう!

    最新の記事

    閉じる