電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

読んで学ぼう!メールマガジンバックナンバー

2016年09月08日

リキッド系ベースメイクをキレイに仕上げるコツ

こんにちは、アースケアの下田梨絵です。

今回は、先日起こった私の失敗談から、『アクアテクトゲルの後、リキッド系のベースメイクをキレイに仕上げるコツ』をご紹介します。

リキッド系ベースメイクのパターン4つ

私はベースメイクにやさしいUVカットミルクを使っています。
アクアテクトゲルを塗った後に、ファンデーションの代わりとして、やさしいUVカットミルクを塗って終了です。

ウキウキメイトさんの中には、この方法でベースメイクをされている方、多いと思います。

その他にも、リキッド系ベースメイクのパターンとしては、

  • やさしいUVカットミルクの後に、リキッド系ファンデーションを塗る
  • 他社の日焼け止めの後に、リキッド系ファンデーションを塗る
  • アクアテクトゲルの後、直接リキッド系ファンデーションを塗る

このような方法があるのではないでしょうか。

失敗談!「顔が真っ白に」

私の失敗談、というのは・・・

いつものようにアクアテクトゲルを塗って、その後、やさしいUVカットミルクを塗ったときに起こりました。
やさしいUVカットミルクを広げても、肌の上をすべるだけで、肌にまったくなじまない!

肌の上にやさしいUVカットミルクが残っていて、指が通った軌跡さえ分かるようです。

肌になじまないので、顔全体は、やさしいUVカットミルクの色で真っ白に・・・
こういう経験、ないでしょうか?

やさしいUVカットミルクだけでなく、他の日焼け止めやリキッド系ファンデーションを使用されている場合でも、同じようなことが起こりえます。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

ベースメイクがなじまないのはナゼ?

原因は、アクアテクトゲルが浸透していないことです。

アクアテクトゲルが肌表面に残っている状態でリキッド系のベースメイクを塗ると、このようになります。

つまり、リキッド系のベースメイクをキレイに仕上げるポイントは、アクアテクトゲルをしっかり浸透させることです。

    こんなときは注意!
    アクアテクトゲルを塗った後、

  • 指でなでると、ヌルヌルすべる
  • 指にアクアテクトゲルがつく

これは『浸透していない状態』です。

浸透すると、肌はしっとりしていますが、指にアクアテクトゲルはつきません。

ですから、「リキッド系のベースメイクが肌になじまない~!」という場合は、まず、ベースメイクを行う前の肌状態をチェックしてみてください。しっかり浸透した状態でリキッド系のベースメイクを塗ると、キレイに肌になじみます。

では、アクアテクトゲルをしっかり浸透させて、メイク前の肌を整える方法を見てみましょう!

「なかなか浸透しないのよ~」という場合は

1度に塗るアクアテクトゲルの量を、今の半分にしてみてください。その代わり、何度も重ね塗りをします。

例えば、現在、さくらんぼ1つ分のアクアテクトゲルを1回塗っていらっしゃる場合

    1.さくらんぼ半分のアクアテクトゲルを塗る
    2.浸透するまで待つ
    3.もう一度、さくらんぼ半分を塗る

こうすれば、肌に与える水分や保湿成分の量は変わらず、かつ、今よりも浸透しやすくなります。

浸透に時間がかかるのはなぜ?

同じ量のアクアテクトゲルを塗っても、人によって浸透にかかる時間は異なります。

この違いは、肌の状態にあります。

乾燥している肌や、水分を保持する力が弱い肌ほど、一度に浸透する量が少なくなりやすいです。
この量よりもたくさんのアクアテクトゲルを1度に塗ると、浸透に時間がかかるというわけです。

肌に合わせて少量ずつ塗れば、これまでよりスムーズに浸透していきます。

また、肌の乾燥が改善されてくると、重ね塗りの回数が減ってきますよ。

「でも、朝は忙しいから、重ね塗りする時間がない!」という場合は

『ながら塗り』をまずお試しください。

アクアテクトゲルを塗って、歯を磨く。
もう一度アクアテクトゲルを塗って、服を着る。

こんなふうに、浸透させている時間に、朝の身支度を整えていくのはどうでしょうか。忙しい朝のすきま時間を、保湿タイムにあててみてください。

もうひとつオススメの方法は、『朝、起きたらすぐにアクアテクトゲルを塗る』ことです。

洗顔の前に、アクアテクトゲルを塗ってしまいます。それから、朝ご飯を食べたり、身支度をしたり・・・。準備が整ったら、洗顔をして、アクアテクトゲルを塗ります。

洗顔前にアクアテクトゲルを塗っていたことで、肌が柔らかくなっています。その分、洗顔後のアクアテクトゲルが浸透しやすくなるので、浸透にかける時間を短縮できます。

こちらは、「起きたらすぐに顔を洗いたい!」という場合には向かない方法ですけどね^^

ライフスタイルにあわせて、この2つの方法もお試しくださいませ。

ちなみに、洗顔の前にアクアテクトゲルを塗っても、何か肌に負担になることはありませんのでご安心ください。

(ときどき「汚れが浸透するんじゃ?」というようなお問い合わせをいただくのですが、そういうことは起こりません)

「浸透したかな?」をチェック

重ね塗りや『ながら塗り』をして十分保湿ができたと思ったら、浸透したかどうかをチェックしましょう。

方法は、手の平で顔をそっと覆うだけ。肌が手の平に軽くくっついてくるような状態になれば、バッチリ準備完了です。この状態でメイクを行えば、ベースメイクがキレイに仕上がりますよ。

本日ご紹介した保湿方法、ぜひお試しくださいね^^

最新の記事

閉じる