電話受付時間:平日10:00〜18:00
0120-474-198
アースケアが運営する愛用者専用の通販サイト
ウキウキ生活倶楽部
ページのトップへ戻る

やってみよう!キレイのレッスン

2019年07月01日

『朝いち』スキンケアをレッスン~基本編~

ぷるぷる
夏にうるおう肌を育てる!

ポイント 夏は朝ケアが一日のカギを握る!

日増しに暑くなるこの時季。汗をかくと、同じ毛穴から、皮脂もたくさん分泌されます。
汗の量と皮脂の量のバランスが取れていれば問題ありません。

でも、夏の汗は体温調節のためにかいているので、すぐに蒸発します。
すると、肌の上に皮脂だけが残されるため、べたつきを強く感じます。

乾燥肌の方でも、「日ごろは乾燥してるけど、夏は脂性肌になっちゃうのよね~」なんて声をよくお聞きします。

べたつきだすと、乾燥肌であっても、「洗顔をして、あ〜スッキリ!」と、洗い流してスキンケアを終了、とされる方が大変多くいらっしゃいます。
お気持ちはよく分かります。
しかし、この『洗うだけのスキンケア』は、乾燥肌のウキウキメイトには禁止です!

「夏は乾燥しない」という誤解

夏も、肌は乾燥します。「乾燥すると言っても、冬よりはマシでしょ」「皮むけもないし、乾燥なんてぜんぜん感じないけど・・・」と、お思いでしょうか・・・。

確かに、乾燥肌の方なら、冬のような『痛いほどの乾燥症状』がないことから、「夏は乾燥しないから、過ごしやすい」と、実際に感じるかもしれません。でも、これは大きな誤解です。

次のような方には、特に読んで実践していただきたい夏のレッスン、始めます♪

  • 乾燥肌だけど、皮脂が気になる
  • 朝起きたとき、肌がざらざら・ゴワゴワしている
  • 夕方にくすみが気になる
  • 夕方には、鼻の毛穴から白い角栓がぴょこっと飛び出ている
  • 汗でメイクが崩れやすい

レッスン1 基本の朝ケア 洗顔&保湿

朝ケアの基本は、ダブルクレンジングゲルを使った洗顔と、保湿。
一年を通して、この基本は変わりません。

1.ダブルクレンジングゲルを、さくらんぼ半分手に取り、指先で軽く水と混ぜ合わせます

ダブルクレンジングゲルを水と混ぜ合わせる

このとき、泡立てなくてOKです
これを両手の平に広げます

2.顔全体に広げます

顔全体に広げる

ポイントは、手に力をいれないこと
指の腹で広げていくと、自然とゲルがやわらかくなり、顔全体にいきわたります

3.すすぎ洗い
すすぎ洗い

水か、水に近いぬるま湯(37度ぐらいまで)を手にとり、肌に水をかけるようにやさしくすすぎます

4.保湿

アクアテクトゲルでまず保湿

アクアテクトゲルを適量手にとり、顔全体になじませます
最後に、手の平でふんわり温めるとゲルの浸透が促進されます♪

「何もつけない」のは、スキンケアではない

朝起きてすぐ、「あ~なんだかべたべたする」と、水で顔を洗って、はい終了。
夏は汗をかくから、アクアテクトゲルを塗るのは秋までお休み。

夏の朝、明るい日差しの気持ちよさを感じつつも、体や顔はなんだかべたつきがち。

だから、ついつい「水や洗顔料で顔を洗うだけ」のスキンケア方法を選択しがちです。また、「洗顔後には何もつけないほうが、肌が健康になっていい」とおっしゃる方もいらっしゃいます。中には「実際に何もつけあないケアをやってみて、肌の調子がとても良くなった!」という方も。では、洗顔後、何もつけないことが正解なのでしょうか?

アースケアが出す答えは、「正解になる場合と、そうではない場合がある」です。とてもあいまいに聞こえますが、「これだけが正解!」とはいかないのが難しいところです。

非常事態ならOK

肌状態によっては、何も付けないことが「正解になることもある」のは確かです。

例えば、

  • 使っていた化粧品の成分にアレルギーがあった
  • 洗顔料の洗浄力が、肌状態と合っていなかった
  • 肌が極端に過敏になっていて、肌に触る行為自体が悪化させていた

こんな場合です。
洗顔料や化粧品ですら刺激に感じてしまう肌状態のときや、そもそも使っていた化粧品が合っていなかった、という場合には、何もつけないことが肌状態を良くすることがあります。

「スキンケアをちゃんとしているのに肌の調子が良くならない」というときには、原因を探る手段として使えます。しかし、そうではない場合、洗顔後の肌を放置しておくと、肌は過乾燥を起こします。そして、何にも守られない肌は、次のようになることが予想できます。

  • バリア機能が低下する
  • 肌が過敏さを増す
  • 生まれてくる細胞が未熟なために、乾燥が促進する
  • 肌に赤みが増す

など

洗顔後は、一時的にべたつきがおさまります。そのため、なんとなく気持ちよく感じられるかもしれませんが、その後の肌状態を考えると、放置することはおすすめできませ
ん。「肌が特に敏感な状態」といった症状がない場合には、洗顔の後に保湿を行う【基本の朝ケア】をおすすめします。

夏の朝は、実は乾燥している

朝起きると、なんだか肌がゴワゴワ、ざらざら。
べたついているし、うるおってるように思うのに、なんだか変な感じ・・・。

寝起きの肌はカラカラ

眠っている間には、大人の場合で、コップ1杯分の汗をかくと言われています。でも、多くの方は、この汗には気づかずに目覚めています。そうです、起きたときには、汗はすでに乾いているからです。

基本的に、汗は体温調節のためにかくものですから、すぐに蒸発します。このとき、肌の水分が奪われます。そこで、肌は、同時に皮脂を分泌して、その蒸発を防ごうとします。だから、汗と皮脂はセットで分泌されます。

しかし、夏の汗は大量です。どんどん上がる体温を下げる必要があるからです。皮脂が伴えばよいですが、もともと肌が乾燥に傾いていると、皮脂分泌量が足りません。そうなると、眠っている間の大量の汗により、肌は過乾燥を起こしてしまい、目覚めたときには「なんだか肌がつっぱる」「ゴワつく」という状態に。

だから、乾燥肌の方は、朝起きたときには肌が乾燥していることがほとんどです。肌の水分量が減る30代後半に、この乾燥は顕著になり、40代以上になると、自覚があるかもしれません。


    これが『乾燥』のサイン

  • 肌がゴワゴワする
  • とくにざらつく
  • アクアテクトゲルが浸透しにくい
  • 角栓が硬く飛び出ている

「夏だから」の油断で乾燥

基本編はここまでです。

「冬は保湿が大事」と分かっていても、「夏はそんなにしなくてもね」と油断してしまいがちです。
でも、冒頭でもお話したように、夏は、分泌されやすい皮脂のべたつきで、乾燥に気づかないだけなんです。

だから、「朝の肌がゴワゴワする」という状態は、肌の水分が失われた結果、角質細胞が乾いたスポンジのように硬く縮こまってしまったことから起こる現象なのです。
だから、夏は、朝一番のケアがとっても大事です!
早速、実践してみてくださいね。

最新の記事

月別アーカイブ

閉じる